ヨン様が帰られた後に

2004/12/16 — 第106号

11月下旬、“ヨン様”ことペ・ヨンジュンの名前を聞かない日はありませんでした。成田空港始まって以来の壮絶な出迎えを受け、白い歯で爽やかに微笑むヨン様がメディアを席捲しました。◆仕事の合間によく利用するラーメン屋のお姉さん。無駄なくテキパキと動き、お客さんがいなくても調味料や割り箸の補充に余念がない。しかし、その日は違いました。普段は見向きもしない店内のテレビに釘付けとなり、会計するのもはばかれる程に立ち尽くす彼女が見ていたものは、韓国ドラマ『天国の階段』。◆私は春先に『殺人の追憶』で早くも今年一番の興奮を覚え、夏に『箪笥』の美に酔い恐怖に震え、年の瀬に『オールド・ボーイ』の荒技に唸らされました。チャプチェもよく食べました。◆2004年、日本では韓国エンターテイメント熱が沸点に達した感があります(毎年言っている気もしますが)。しかしその反面、私のようにスターや映画監督の名前と顔が、まだハリウッドのように一致しない、という人も多いのではないでしょうか。映画に限って言えば、『風の丘を越えて』が日本における韓国映画の受け皿を築いてから約10年、『シュリ』によってその裾野が拡げられてから約5年(!)しか経っていません。2005年初めての特集〈“韓流”シネマコレクション〉のラインナップをご覧ください。『殺人の追憶』を始め、自国の歴史と対峙しつつ娯楽へと昇華させた『ペパーミント・キャンディー』『JSA』『シルミド』『ラブストーリー』も、鮮烈な作家性で世界を驚かせた『魚と寝る女』『悪い男』も、そしてポップな『猟奇的な彼女』『ほえる犬は噛まない』までも、全てここ数年の出来事なのです。今回の特集では、多くのプログラムを監督・役者・ジャンルなどで関連付けました。この機会に、“韓流”ブームの源でもある現代韓国映画の輪郭に触れてみてはいかがでしょうか。◆なお、現在ヨン様唯一の映画主演作となる『スキャンダル』は、12/25(土)〜27(月)に一足早く上映します(併映は『4人の食卓』)。奥様、ご注意を!

— 花俟良王