「気になる日本映画達2004」ラインナップ決定!

2005/02/16 — 第110号

そろそろ梅の花が見ごろの季節。春は確実に近づいていますね。●当館の春の名物は、前年の日本映画界を振り返る恒例企画「気になる日本映画達2004」です。今年は2/26(土)より2週間の開催、28作品を上映します。●イチ押しは『世界の中心で、愛をさけぶ』『スウィングガール』の2本立て。“純愛ブーム”に乗って大ヒットの『世界の〜』ですが、見逃している方は是非見てほしい作品です。主人公サクと永遠の恋人アキの悲しい恋の物語。森山未來と長澤まさみの名演に涙が止まりません。『スウィング〜』では肩の力を抜いてクスクス笑いを楽しんで。●サブカル系の貴方には『アイデン&ティティ』『花とアリス』の2本立てを。『アイデン〜』は怪優、田口トモロヲが監督業に初挑戦。ロックバンドの若者たちの姿を描く、おかしくも切ない王道青春映画に仕上がっています。独自の映像美学を貫く岩井俊二監督の新作『花と〜』は、2人の美少女、鈴木杏と蒼井優がカワイイのなんって。伸びやかでしなやかな動きがたまりません。●『リアリズムの宿』『茶の味』も見逃せません。『リアリズム〜』は独特の間と、微妙にズレた演出にしびれます。『茶の味』は、石井克人監督ならではの、斬新かつユーモラスな映像世界がさらなるパワーアップ。『下妻物語』と『茶の味』の土屋アンナを見比べるのも楽しいですよ。●プロレス映画の傑作2本立て『ワイルド・フラワーズ』『MASK DE 41』。新しい女性映画作家の誕生を告げる『犬猫』。伝説的なフォークシンガー高田渡の姿を追う笑劇ドキュメンタリー『タカダワタル的』。世界の巨匠、侯孝賢の新作『珈琲時光』が日本映画特集で見られるというのも、なんとなく嬉しい。●日本映画の、様々な豊かな表情を楽しむことのできる特集です。乞うご期待。

— 矢田庸一郎