『戦後60年企画』

2005/06/16 — 第118号

今年は戦後60年“還暦”の節目の年に当たります。映画は、映画館に行かなければ観ることのできなかった戦後しばらくの間“娯楽の王様”と称せられ、最盛期には年間10億人を超える人々が映画館に足を運びました。時が移り、映画館に行かなくても様々な方法で映画を観ることのできる今、映画鑑賞者は数十億人に達していると思われます。娯楽が多様化する現在でも、映画が身近な娯楽であることは昔と変わりなく、むしろ、日常生活に不可欠な存在になっていると思います。◆新文芸坐では、戦後の時代を反映した映画、次世代へ語り繋いでいきたい映画などを選んで、『戦後60年企画』として特集上映を考えました。第一弾は、既に『世界の巨匠 黒澤明監督』を特集上映しました。第二弾は、6/18より2週間『美空ひばり映画祭』を特集上映いたします。◆“歌謡界の女王”“歌姫”として17回忌を迎える今でも、歌声が流れ、容姿が見られます。一方、映画には子役時代から165本出演しています。日本映画史の中でも記憶に止めておく映画スターの一人でしょう。◆特筆すべきは、競演の男優陣が豪華多彩なことです。嵐寛寿郎、長谷川一夫、片岡千恵蔵の御大から、エノケン、アチャコの喜劇人、当時の若手花形スターの高倉健、石浜朗、佐田啓二、大川橋蔵、市川雷蔵、中村錦之助、東千代之介、里見浩太郎…等々です。超売れっ子であったために、各映画会社から請われて出演しているからです。◆7月に第三弾として、今年生誕100年になる『成瀬巳喜男監督』特集を、8月には第四弾として、終戦の日に因んだ毎年恒例の特集上映を予定しています。ご期待ください。

— 永田稔


まんすりいコラム

2018/09/27
途中入場のルール改変などについて
2018/08/23
『ブロウアップ ヒデキ』、1975年の少女たちへ
2018/07/31
ショーシャンク事件に、感謝。
2018/06/29
新文芸坐、全面禁煙化への動き
2018/05/28
贅沢な日常
2018/03/28
新文芸坐友の会 入会・更新料の変更のお知らせ

年別アーカイブ