映画を通して戦後60年を検証する

2005/08/01 — 第121号

「世界各地で紛争やテロが起きていて、地球上で戦火の絶える日がない」の書き出しで始まる〈しねういーくりい〉は、3年前の02年/通巻49号です。現在も全く同じ状況であることに愕然とさせられます。近年、資本主義、社会主義の差別なく世界首脳が集まる政治的なサミットが開催されていますが、紛争や戦火を消すことはできていません。政治の無力さを痛感させられます。◆日本は、今年戦後60年になります。無条件降伏を受け入れて、戦争を終結させた昭和20(1945)年8月15日から起算してのことです。60年という歳月は、人生では還暦といわれる長い年月に相当します。長い年月は、戦争があったこと、戦争に負けたこと、原爆による唯一の被爆国であること、焼け野原から復興する過程の中で起きた政治的、社会的な様々な出来事を忘却させてしまいます。◆新文芸坐では、8月6日から3週間にわたり、戦後60年企画第5弾として、映画を通して戦後60年の《その時代を検証する》と題して、《戦争を語り継ぐ》《社会の歪を暴く》《“事件”を見る》の三部構成で特集上映いたします。◆エンターテインメントとしての映画を楽しみながら、過去の事実を風化させることなく、映画共々次世代へ受け継がれて欲しいと願っています。今年は、“映画人”による戦争体験を語るトークショーを行ないます。俳優・石濱朗さん、監督・松林宗恵さんが、映画、実生活の体験を語ってくださいます。今の日本の政治、社会の状況を考えるキッカケになればと思います。

— 永田稔


まんすりいコラム

2018/07/31
ショーシャンク事件に、感謝。
2018/06/29
新文芸坐、全面禁煙化への動き
2018/05/28
贅沢な日常
2018/03/28
新文芸坐友の会 入会・更新料の変更のお知らせ
2018/02/26
東京アニメアワードフェスティバル2018
2018/01/28
新文芸坐ベストテン2017 投票開始!

年別アーカイブ