お陰様で、5周年を迎えました。

2005/12/16 — 第130号

新文芸坐は、20世紀末の2000(平成12)年12月12日にオープンしました。開場記念日を忘れないように、[12]並びのゾロ目の日を選びましたが、巨匠・小津安二郎監督の誕生日であり、命日であることを意識して決めました。今年で満5年になりました。ご来場いただいたひとり、ひとりのお客様のお陰と、心から感謝致しております。▲さて、今年も早いもので、あと数日を数えるだけになり、一年間を振り返る季節になってしまいました。今年の新文芸坐は、〈戦後60年企画〉を含めて、例年と同じように多くの特集番組を上映してきましたが、結果的に“追悼”特集上映が多くなりました。▲岡本喜八監督、石井輝男監督が亡くなり、百カ日も過ぎないうちに“追悼”特集上映を行ないました。また、11月の〈撮影監督・高村倉太郎〉特集の時は、高村さん本人が初日直前に亡くなるという突然の訃報が届いたり、17回忌の美空ひばり特集を含めると“追悼”上映が多かったことに納得させられます。そして、昨年〈脚本家・鈴木尚之の仕事〉で特集上映した鈴木さんも先月26日に亡くなりました。映画界、映画ファンにとっては、悲しい年になってしまいました。▲ところで、映画ファンの皆さんは、今年どんな映画に出会ったでしょうか。感動、興奮、刺激を受けた素敵な映画に巡り会えたでしょうか。新文芸坐は、今年600本近くの映画を上映しましたが、皆さんの心に残る映画が、その中にありましたでしょうか。これからも《感動はスクリーンから》をテーマに、様々な映画を上映していきたいと思っていますので、ご来場の程を宜しくお願い申しあげます。

— 永田稔