二匹目のどじょうは、たまにいる

2006/01/16 — 第132号

2005年を振り返ってみると、極私的ベストワン映画は『ビフォア・サンセット』と相成りました。1995年に公開された『恋人までの距離〈ディスタンス〉』(原題:ビフォア・サンライズ)の続編です。前作は、イーサン・ホークとジュリー・デルピー演じる男女が列車の中で出会い、意気投合し、朝までウィーンの街を歩き、語り、再会を約束して別れるまでの物語。粋な会話を通して、恋が芽生える瞬間の高揚感を伝えてくれました。続編では、あの時再会できなかった二人が9年後のパリで偶然出会い、またしても歩き、堰を切ったように語り合います。しかも今回は飛行機の搭乗までの85分がリアルタイムで経過し、既に生活を抱える二人のゴールなき微妙な心の揺れに、一体どうして決着を付けてくれよう、と恋愛映画なのに手に汗握ってのめり込んだ次第です。新たな挑戦をしつつも前作のファンの期待を裏切ることなく、登場人物と同じだけ年を重ねた観客にも納得のいくセンスの良いラストを用意した本作に、続編の理想を見た気がします。◆続編というトピックで昨年を振り返れば、傑作密室スリラーの続編『ソウ2』も外せません。低予算を逆手に取った前作のトリックが痛快だった故に募る不安。しかし、新たに抜擢された監督が別に温めていたという脚本を改訂して撮り上げた本作は、前作の物語と巧妙に絡み、『CUBE』やアガサ・クリスティー(ここでは作品名は伏せておきましょう)までもの要素を盛り込んだ残虐かつ知的な充実作となっていたのです。ラストに何かあると思ってはいたのですが……ああ、またやられた! この作品もまた、(“この手”の映画では稀な)続編の成功作ではないでしょうか。『ソウ2』は1/28(土)から。

— 花俟良王


まんすりいコラム

2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス
2020/01/01
明けましておめでとうございます
2019/12/30
贅沢すぎる映画納め
2019/11/30
偉業の傍らで

年別アーカイブ