3/4より日本映画監督協会創立70周年記念特集

2006/02/16 — 第134号

牛原虚彦監督の手記によると、日本映画監督協会の創立のため京都側の委員、伊丹万作、衣笠貞之助、伊藤大輔と、東京の村田實、牛原虚彦が神田駿河台に集まったのは、昭和11年2月25日の夜とあります。設立が決まったのは夜半過ぎ。外はひどい雪だったといいます。監督協会史には2月26日創立とあるので、会合は零時を回ったということでしょうか。●出席した名だたる監督たちも、この日が日本人にとって忘れ難い日になることは予測しなかったことでしょう。未明、青年将校に率いられた陸軍歩兵部隊が国の中枢、数ヶ所を襲い蔵相高橋是清らを殺害した、世に言う二・二六事件の当日だったのです。●その監督協会も今年で70周年を迎え、当館では記念特集を開催します。題して「映画監督が愛した監督 日本映画監督協会70年の70本+1」。オールナイト上映を含む70本の映画を監督たちがセレクトし、番組の構成も監督たちが考えました。さらに上映作品の監督などが毎日来館しトークを行なうという、今までになく豪華でかつ斬新な趣向の特集です。「+1」は監督協会製作で伊藤俊也監督の新作『映画監督って何だ!』。ドキュメンタリー、劇中劇、インタビューなどで構成され、映画監督という存在を分かりやすく描き出しています。●初日は監督協会初代会長、村田實監督の『路上の霊魂』(新劇運動の小山内薫が総指揮、脚本に牛原虚彦)を上映します。この作品は複数の物語が並行して進行する実験的内容のサイレント映画で、澤登翠門下生でNHK BS「海外ドラマシリーズ プレマップ」の番組紹介の弁士役などで活躍中の、斎藤裕子の活弁付きでお送りします。上映予定は中面をご覧ください。乞うご期待!

— 矢田庸一郎


まんすりいコラム

2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス
2020/01/01
明けましておめでとうございます
2019/12/30
贅沢すぎる映画納め
2019/11/30
偉業の傍らで

年別アーカイブ