6周年、感謝のリニューアル工事とお知らせ

2006/12/16 — 第154号

今年も早いもので、残すところ僅かな日数になり、1年を振り返る季節になってしまいました。映画ファンの皆さんは、今年どのような映画に出会ったでしょうか。新文芸坐では、今年もほぼ例年通り500本以上の映画を上映しましたが、その中に感動、興奮、刺激を受けた映画、心に残る映画に巡り会うことができたでしょうか。■さて、新文芸坐はオープンしてこの12月で満6年になりました。ご来場いただいたひとりひとりのお客様のお陰と、心より感謝いたしております。15日に終わった《和田誠が「もう1度観たいのになかなかチャンスがない」と言っている日本映画》は、お客様に対する謝恩の気持ちを込めた番組でしたが、施設面でもリニューアルしてお客様に謝意を表したいと思います。■スクリーンを張替え、客席を1脚づつ洗浄し、ロビーの天窓の清掃と壁の塗装工事を行って、6年前のオープン当時と同様の明るいロビー、気持ち良い客席、映像が映えるスクリーンに蘇生して快適な空間を提供したいと考えています。サービス面でも、経験を積み重ねてきたスタッフが、初心に返って誠心誠意サービスに努めますので、マイシアターとしてご来場くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

— 永田稔