映画にもあった賞味期限!?

2007/12/16 — 第178号

ちょっと前まで「暑い、暑い」と言っていたのに、いつの間にか「一年が早いですね!」が挨拶になり師走になっていた。新文芸坐は、今年も名画座的番組と二番館的番組を織り交ぜた通常興行と、終夜興行とを合わせると例年通り600本以上の作品を上映した。■今年のニュースの中で、伊勢の赤福、北海道の白い恋人、船場の吉兆などの有名な老舗からマクドナルド、ローソンまでが、賞味期限を改ざんしたり、食肉会社は食肉を偽装していたことが発覚して社会を騒然とさせた。■映画にも賞味期限があることを知らされた作品があった。新文芸坐の今年のワースト・ワンの番組は、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』『ラッシュアワー3』の二本立てである。5月に公開された『パイレーツ・オブ・カリビアン〜』は、洋画で今年最も観客動員した映画として興行組合から“ゴールデングロス賞”を受けた。(邦画は『HERO』) 6ヵ月後に上映した時には、賞味期限が切れてしまったのか、動員力が失われていた。■『パイレーツ〜』は、多額の宣伝費を使って、当時としては史上最多の670スクリーンで公開した。全国津々浦々で、一気呵成に観客を集めようという戦略である。そんな配給会社の戦略は、商売としては成功したが、映画の商品価値を一瞬で消耗させたように思う。■山口県防府市の小俣八幡神社では、年末の神事として鎌倉時代から続いている奇祭、三回大笑いする《笑い講》が行われる。第一の笑いは、今年の豊作を感謝して、第二の笑いは、来年の豊作を祈念して、第三の笑いは、今年の憂さを晴らすために笑う。大きな笑い声は、五穀豊穣を祈念するばかりでなく、家内安全、健康増進、世界平和を願うなどの"招福の笑い"となる。大笑いして来年の幸運を呼び込んで新年をむかえたいと思う。

— 永田稔