ハリウッドの赤狩りと負の遺産 脚本クレジットの剥奪と復権

2008/12/01 — 第196号

■『アラビアのロレンス』(62)がリバイバル上映される。脚本は『わが命つきるとも』で知られる劇作家ロバート・ボルト。だが、当初脚本を書いたのはマイケル・ウィルソンである。しかし、彼は赤狩りで51年にブラックリストに載り、デヴィッド・リーン監督の前作『戦場にかける橋』に続きクレジットから外された。■47年、下院の非米活動委員会で喚問の不当性を訴えた10人が50年に議会侮辱罪で禁固刑となる(ハリウッド・テン)。同年のマッカーシー上院議員の“暴露演説”と朝鮮戦争勃発で、国内の反共ヒステリーは頂点に達し、51年に再開された委員会の証言拒否者や、“名指し”された者は次々とブラックリストに名を連ねハリウッドから締め出された。■だが、撮影所に出入りせず仕事が可能な脚本家は、偽名や匿名で糊口をしのいだ。やがて60年に『栄光への脱出』『スパルタカス』で“テン”のドルトン・トランボが実名でクレジットされるが、脅威は去らない。フランク・シナトラが“テン”のアルバート・モツルを脚本に起用しようとした企画は非難を浴びてボツになり、“テン”のレスター・コールは66年の『野生のエルザ』でも変名を余儀なくされた。暗雲が去るのはベトナム戦争のころである。■全米脚本家組合などによるクレジット訂正が進められている。改まった『〜ロレンス』のウィルソンの脚本クレジット(ボルトと連名)は感慨無量である。■さて、12/6(土)のオールナイトは、反ナチのフリッツ・ラングのアメリカでの監督作だが、『死刑執行人もまた死す〈完全版〉』(43)の原案・脚本は、47年の召還後帰国した亡命作家ベルトルト・ブレヒト。『外套と短剣』(46)の脚本は直後に“テン”となるモルツとリング・ラードナーJr.。また12/20(土)からの特集「香りたつフランス映画への誘い」内の『エヴァの匂い』(62)のジョセフ・ロージー監督、脚本のヒューゴ・バトラーは“赤狩り”を逃れアメリカを離れた。※太字はブラックリスティー。

— 矢田庸一郎