テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー

2020/06/08

緊急事態宣言の中、『キャリー』(76)を初めて観た。

学校ではいじめられ、家ではキリスト教信者の母から虐待を受けていた主人公のキャリー。プロムパーティーのキャリーの止まらないテレキネシスは気持ちが良かった(あまり声を大きくして言えないが)。

『キャリー』を観て、アメリカの学校に通っていた学生時代を思い出した。もともと、友達も少なく、恋人もいない。人と話したり、コミニュケーションが苦手で、学生時代の思い出は多くない。アメリカの学校では、いじめはないがアジア人差別を受けてきた。苦い思い出の方が多い。どちらかと言えば、私もキャリーのようなタイプだった。

高校1年生の頃、友達からの誘いで初めてプロムパーティーに行った。私もキャリーのように誘われた事が嬉しかった。苦い思い出が多い中でも、輝かしい学生時代の思い出を作りたかった。

プロムパーティー当日。その日の為に用意した、黒のレースのドレスを着て、ヒールの高いショートブーツを履き、馴れない格好に着心地は決して良くなかったが、おめかしをして夜の学校へと向かう車内で内心とてもワクワクしていた。

学校に到着した時には緊張していたが、学校の中庭で流れるダンスミュージック、外壁に投影された映像、様々な装飾に心が踊った。全てがキラキラしていた。

内向的だが思い出作りにちょっと踊ったりした。気になっていた男の子には軽い挨拶しかできずモヤモヤした。ソフトドリンクにお酒が入ってると聞いてビビって飲めなかった事も今となっては良い思い出だ。思い返せば、プロムパーティーは輝かしい思い出になっていた。

キャリーにとってのプロムパーティーの輝きは一瞬で終わり、悲しみと怒りをもたらしたが、手作りのピンクのドレスを着て、男の子と幸せそうに踊り、キラキラとした笑顔のキャリーを思い出すと、あの一瞬には私のプロムパーティーの思い出は到底敵わないと、映画を観終えてそう思った。

— 矢内さくら


まんすりいコラム

2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー
2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス
2020/01/01
明けましておめでとうございます
2019/12/30
贅沢すぎる映画納め

年別アーカイブ