映画ファンの皆様、本当にありがとうございます!!

2010/12/16 — 第221号

お陰さまで新文芸坐は今年10周年を迎えました。映画ファンの皆様には本当に熱く御礼を申し上げます。●新文芸坐の開館は2000年12月12日。オープニング特集は「戦後日本映画—時代が選んだ86本」と題して、キネマ旬報ベストテンの上位の作品や、また各年のヒット作品、総数86作品を日替わりで上映しました。12日のオープニング上映作品は昭和29年(1954年)のキネマ旬報第3位『七人の侍』。ちなみにその年は木下恵介が『二十四の瞳』『女の園』で1位2位を独占しました。●今年、10月に「2000年〜2009年の映画の中からもう一度観たい映画」をお客様に投票してもらいました。その結果の上位の作品を開館記念日の12日より特集上映いたします。初日は第12位の「愛のむきだし」を上映し園子温監督のトークショーを行います。そして見事第1位に輝いたのは内田けんじ監督『運命じゃない人』! この作品は14日に上映し勿論、内田けんじ監督のトークショーも開催します。●10年といっても一つの通過点に過ぎません。そして今、映画を取り巻く環境は決して順風とは言い難いと思います。一握りの大作映画のヒット作品だけが話題となり、大多数の中小の映画会社や映画館は非常に厳しい状態で営業を続けていると思います。またデジタル技術の進化に押され、フィルム上映の美しさや、その価値がどんどん忘れられつつあります。10年後には『七人の侍』はデジタル上映でしか見られないという状況が本当に来るかもしれません。●そのような中にあっても新文芸坐はこれからも日々、映画ファンの皆様に支持される映画館作りに励む所存です。●映画ファンの愛、そして映画への愛。これが新文芸坐のこれからの10年の基本精神であり、判断基準です。●今号より「しねまんすりい」は月二回発行とします。以前に較べて、より早く皆様に上映情報をお届けすることができるようになります。どうぞ、ご期待ください。

— 矢田庸一郎