デコちゃん(高峰秀子さん)追悼特集はじまります

2011/03/01 — 第226号

3月3日(木)より昨年末にお亡くなりになった女優高峰秀子さんの追悼特集が始まります。木下惠介監督『二十四の瞳』『カルメン故郷に帰る』、山本嘉二郎監督の『綴方教室』『馬』など高峰秀子さんの代表作28本を一挙上映。■私にとって高峰秀子さんと言えば、やはり成瀬巳喜男監督の作品群でしょうか。かなわぬ思いに翻弄されるヒロインを演じた『浮雲』『乱れる』もその切なさに胸が詰まりますが、何と言っても気の強いヒロインを演じた『稲妻』と『あらくれ』は特にお気に入りです。■『稲妻』は4人兄弟の父親が全部違うというその中で、末娘なのに一番しっかり者のヒロインが、ダメダメな家族から離れて自立しようとする物語。下宿のおばさんが出してくれたお蕎麦がとても長〜くてそれに困るデコちゃんに思わず吹き出してしまいます。■そして『あらくれ』のヒロインは本当にあらくれていて(笑)、自分の亭主の愛人と取っ組み合いのけんかをするシーン、そしてそれに続く番傘をさして雨の中を歩いていくシーンなど(セットも素晴らしい!)、その生き様に爽快さを覚えます。■この他にも小林桂樹さんとけなげに生きるろうあの夫婦を演じた松山善三監督『名もなく貧しく美しく』、田中絹代さんと姉妹役を演じた小津安二郎監督『宗方姉妹』などデコちゃんの魅力満載な作品がばかりです。「追悼 高峰秀子」をどうぞお楽しみに!(自分の今回の楽しみは未見の『秀子の車掌さん』です)

— 関口芳雄