オールナイト番組のようですが昼番組です

2011/05/16 — 第231号

お客様が1本だけ映画を観てお帰りになった。2本立てで上映しているとはいえ、これ自体は特に珍しいことではない。ただそのお客様の言葉が印象的だった。「白黒はつまらないから……」という言葉が。主観の話なので私が云々言うことではないが、名画座で働く者としては取り付く島がなく、辛い言葉だった。■だいぶ前にここで「好きな映画ジャンルはホラーです」と書いて軽くひんしゅくをかったのだが、今もその傾向は変わらない。往年の名匠たちがお決まりのプログラムピクチャーで腕を競ったように、現代のジャンル映画の作り手たちも、決められた枠の中でいかに個性を発揮するか頭を悩ませている。■6/9(木)から、今まで高峰秀子、成瀬巳喜男、原節子と続いた文芸・名画路線を強引に断ち切り<荒唐無稽映画祭>と題した小特集を行う。70年代B級アクションの魂を受け継いでR.ロドリゲスらが映画少年に戻って作った『マチェーテ』、ヒーローものの応用編として笑いと共に世界中の血をたぎらせた『キック・アス』、吸血鬼映画と切ない初恋を絡めた美しき『ぼくのエリ 200歳の少女』、そして究極の定型"ゾンビ映画"を溢れる映画愛で痛快活劇とした『ゾンビランド』(←キネ旬レヴュー全員満点!)という変化球だらけの4作品。■ジャンルに左右されず、"映画"としてご覧いただければきっと満足していただけるはず。そしてこのような映画を愛することも、紛れもない新文芸坐の一面です。冒頭のお客様、こんなのはいかがでしょう?

— 花俟良王


まんすりいコラム

2018/11/24
特集〈シネマ・カーテンコール2018〉、今年の特徴
2018/09/27
途中入場のルール改変などについて
2018/08/23
『ブロウアップ ヒデキ』、1975年の少女たちへ
2018/07/31
ショーシャンク事件に、感謝。
2018/06/29
新文芸坐、全面禁煙化への動き
2018/05/28
贅沢な日常

年別アーカイブ