キネ旬のレビューコーナーが濃い!

2011/09/16 — 第239号

「キネマ旬報」9月上旬号の記事で、スピルバーグが監督ではなくプロデュースに回った時に、監督を担当する後輩に観ておくべき映画を教えるとあり、今まで薦めた約200本の作品が「スピルバーグのリスト」(←うまい)として羅列されていました。これがびっくりするくらい意外性のない王道であり、スピルバーグらしくて微笑ましかったです。◆ところでキネ旬が数ヶ月前にリニューアルしたことをご存知ですか? 全体のレイアウトがすっきりして、若々しい印象になりました。特筆すべきは今回のリニューアルの目玉と思われるレビュー(星取り)コーナー。レビュー自体は珍しくないですが今回キネ旬がとった方法は、毎号(月2回発行)24本の新作を各作品3人の評論家によって計72本(!)のレビューを掲載させるというもの。◆単純に考えて月に48作品・144本のレビュー。超話題作から低予算のドキュメンタリーまで幅広い作品が挙がっていますが、これはかなりの労力を要すると思われます。皆さんに紹介するのが遅れたのは、多分取り上げる本数が次第に減っていくだろうと思っていたからです(失礼)。◆毎月こんなに多くの映画が公開されているという驚きもさることながら、個人的には、記名の責任のもと「星取り」というシンプルな評価システムで多くの作品が論じられることが嬉しいのです。星取りという評価形態に賛同しない評論家も多いでしょうが、限られた予算で限られた作品しか観られない私たち観客にとっては非常にありがたい指針(のひとつ)です。劇場鑑賞派の減少を食い止めるというよりも、混沌とする映画界を再び盛り上げていきたいという意思表明にも感じられ、感銘を受けました。◆なお、独自の批評精神と映画愛に溢れる「映画芸術」「映画秘宝」も受付で大絶賛販売中なのは言うまでもありません。

— 花俟良王


まんすりいコラム

2018/07/31
ショーシャンク事件に、感謝。
2018/06/29
新文芸坐、全面禁煙化への動き
2018/05/28
贅沢な日常
2018/03/28
新文芸坐友の会 入会・更新料の変更のお知らせ
2018/02/26
東京アニメアワードフェスティバル2018
2018/01/28
新文芸坐ベストテン2017 投票開始!

年別アーカイブ