新文芸坐落語会 二周年!!

2011/10/16 — 第241号

■おかげさまで新文芸坐落語会も二周年を迎えました。「新文芸坐落語会二周年記念 看板と若手たち」と題しまして、第一弾・立川志の輔さん、第二弾・柳家小満さん、そして11月の第三弾は立川談春さんにご出演いただきます。更に12月には毎年恒例となりました「高田文夫プロデュース 年忘れ!落語会うわさの真相2011」今年はどんなうわさが飛び出すのか、今から楽しみです。(チケット絶賛発売中!)■旧文芸坐ル・ピリエ時代は、ル・ピリエで行なわれる落語会(応用落語、快楽亭ブラック独演会など)をスタッフとして、照明や音響をやりながら聞くことができました。それまで落語をほとんど聞いたことがなかったのですが、一度聞き始めると面白くて文芸坐以外の落語会にも足を運ぶようになりました。でもその後ぱったりと落語を聞く機会がなくなっていたのですが、新文芸坐落語会が始まって以来、またまた落語熱が再燃!という感じです。■9月の池袋演芸場の中席・夜の部では最近お気に入りの柳亭市馬さんが主任を務めていたので、思わず3日も通ってしまいました。なんとそのうち1日は昼の部から夜の部までぶっ通しで。昼の部の主任は三遊亭白鳥さんの三題噺、その日のお題は「チャン・グンソク」と「傷心」ともうひとつ(スミマセン忘れてしまいました)、でも見事に白鳥ワールドが炸裂していました。■そして柳亭市馬ファンになったきっかけはとういうと「市馬・菊之丞二人会」で聞いた市馬さんの「淀五郎」です。声といい、しぐさといい、すっかりその世界に引き込まれてしまいました。この落語熱はまだまだしばらく続きそうです。

— 佐野久仁子