コダックが経営破綻しました。

2012/02/16 — 第249号

イーストマン・コダックが1月19日に米連邦破産法11条の適応を連邦地裁に申請しました。これは日本の民事再生法のようなものなので、コダックがこの世からすぐさま消滅してしまうわけではないのですが、映画(界のみならず映画そのもの)にとってこれほど大きなトピックスはないように思います。がしかし世間的にはこの話題の扱い、どうも事の大きさには比例していないような気がします。「フィルム文化の終焉」などというものはデジカメの完全普及によりすでに遠い過去のものとなっているからでしょうか。あるいはいくら映画を観てもフィルムを透過した光と影を見ているだけでフィルムそのものを実際に目にすることがないからなのでしょうか。●エジソンにせよリュミエールにせよジョージ・イーストマンの開発したロール・フィルム無しには映画史のスタートはありえませんでした。その後100年以上に渡る映画遺産のほとんどもフィルムで撮影・上映されていたのは周知の通りで、20世紀のほぼ全ての映画はまさしく「フィルム」そのものでした。●すでに現在多くの映画の製作・上映がデジタル化されています。新作がフルデジタルになるのは良いとしても(フィルムで撮影・上映するという選択肢がなくなるのは問題だが)、20世紀の映画が全てデジタルでしか上映することが出来なくなるのは大問題です。このような事態を以前から危惧していましたが、いまや加速度的に現実になろうとしています。(アグファもなき今、多角化に成功し生き残ったフジフィルムには本当に頑張っていただきたいです。そういえばここ数年外国映画のエンドロールにフジのマークを見る機会が増えているような気もします)

— 梅原浩二


まんすりいコラム

2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス
2020/01/01
明けましておめでとうございます
2019/12/30
贅沢すぎる映画納め
2019/11/30
偉業の傍らで

年別アーカイブ