10/5より傑作『クラウド アトラス』を上映

2013/09/12 — 第287号

新文芸坐2013年上半期ベストテンに私も一映画ファンとして投票しました。私の洋画部門の一位は、文句なくこの映画『クラウド アトラス』、邦画部門は『横道世之介』でした。相通じるのは涙。奔流のごとくあふれ出た涙と、さりげなく静かにつたう涙……(笑)。●19世紀世界から、クローン人間が生きる未来社会、さらには文明が崩壊した後、人々は原初的は素朴な生活を送る時代まで、恐らく数百年に渡る時間軸の中、時代も舞台も、てんでばらばらな6つの物語が、平行して描かれます。壮大かつミステリアス。それぞれの物語が、見えない糸で結ばれているような緻密な構成と演出。悠久の時間の流れの中、人々が時代と物語を越えて織り成す、不思議な運命と愛の絆が、時にほのかに、時に残酷に、紡ぎだされます。●トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・ブロードベント、スーザン・サランドン、ヒュー・グラントといった豪華キャストの面々は、まさに見応え十分。しかも本作では、彼らは、なんと6つの物語のほとんどに、様々に衣装やメイクを変えながら登場してくるという、斬新かつ心憎い趣向。心躍らずにいられません。●中でも最も心を打つ存在は、能面の如く無表情で、言葉にならないような悲しみを、そこはかとなく発するクローン少女役のペ・ドゥナ!! 彼女がラスト近く、啓示的な存在となって再登場してくるところなど、激しく感動して、ほとんど滂沱の涙でした(合掌)。●運命の波に歯向かっているつもりが、実は運命に操られていて、そんな中、一見ちっぽけな人間が、自身はそれとは気付かぬまま、壮大な使命を授かっているというような、「火の鳥」とか「12モンキーズ」とか「風の谷のナウシカ」とか、そんな物語が大好き。

— 矢田庸一郎


まんすりいコラム

2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー
2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス
2020/01/01
明けましておめでとうございます
2019/12/30
贅沢すぎる映画納め

年別アーカイブ