2013年上半期 新文芸坐ベストテン“文テン”発表!

2013/09/24 — 第288号

新文芸坐友の会会員だけで選ぶ“新文芸坐ベストテン”略して“文テン”。今年は2013年の途中経過として、上半期ベストテンを実施いたしました。

【洋画】
①ジャンゴ 繋がれざる者(130点)
②きっと、うまくいく(112点)
③ゼロ・ダーク・サーティ(100点)
④愛、アムール(77点)
⑤フライト(64点)
⑥クラウド アトラス(62点)
⑦天使の分け前(61点)
⑧セデック・バレ(第一部/第二部)(60点)
⑨テッド(58点)
⑩L.A. ギャング ストーリー(54点)
⑩リンカーン(54点)

【邦画】
①舟を編む(150点)
②横道世之介(133点)
③東京家族(110点)
④さよなら渓谷(89点)
⑤藁の楯 わらのたて(84点)
⑥はじまりのみち(74点)
⑦千年の愉楽(52点)
⑧ぼっちゃん(48点)
⑨フラッシュバックメモリーズ 3D(46点)
⑨探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(46点)

11位以下の洋画は、⑫世界にひとつのプレイブック ⑬偽りなき者 ⑭ザ・マスター⑮嘆きのピエタ ⑯ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  ⑰アウトロー ⑱グランド・マスター ⑲ヒッチコック ⑳シュガーマン 奇跡に愛された男 邦画は、⑪みなさん、さようなら ⑪リアル〜完全なる首長竜の日〜 ⑬奇跡のリンゴ ⑭フィギュアなあなた ⑮くちづけ ⑮真夏の方程式 ⑰オース!バタヤン ⑰言の葉の庭 ⑰中学生円山 ⑰脳男 という結果になりました。有効票数は63票。ありがとうございました。年明けには年間ベストテンもありますので、お待ち下さい。

※洋画の「レ・ミゼラブル」に46票が入りましたが、昨年の公開作品でしたのでランキングからは除外させていただきました。

— スタッフ