モノクロフィルム、モノクロ映画

2014/01/29 — 第296号

いつも通りモノクロフィルムで素晴らしい映画を撮影された『ニーチェの馬』の監督タル・ベーラは「自分はモノクロフィルムが好きなので、それで撮ってきたが、デジタルで撮る今の時代にはデジタルの映画的言語を見つけて欲しい。それをフィルムと呼ぶのはどうか」というようなことを言っていました。「映画とは35mm、セルロイドである。編集台で手に触れられるもの」「新しいテクノロジーを使わない理由はないが映画とは別のアート、故に新しい言語を見つけるべき」とのこと。アメリカではいわゆる「映画っぽい画質」を求めて以前からテレビドラマでも35mmフィルムを回していたので、当然とも言えますが、ハリウッドでは現在でもフィルム撮影が主流です。制作にデジタル技術がふんだんに取り入れられていても、旧態然とした映画的言語に溢れる現在の映画に、引退を表明したこのモノクロフィルムの監督は違和感を覚えるのでしょう。モノクロというよりフィルムとデジタルについての話でしたが、デジタルで撮影され35mmフィルムに焼き付けられたペドロ・コスタの『何も変えてはならない』という素晴らしいモノクロ映画があることも思い出しました。●「ライカMモノクローム」というスチールのデジカメがあります。ボディだけで90万円近くするこのカメラ、その名の通り何とモノクロ専用。専用にすればモノクロ画像に特化した設計にできるので画質が良いとのこと。世界中の富裕層を相手にするライカならではのニッチな商品ですが、写真の基本は光と影、デジタルになってもモノクロの良さを再認識してもらおうという姿勢で、とことん追求するものづくりは良いですね。そのうち映画撮影専用のモノクロデジタルカメラが作られる日も来るのでしょうか? モノクロフィルムの未来、モノクロ映画の未来はどうなるのでしょうか?

— 梅原浩二


スタッフコラム

2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー
2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス

年別アーカイブ