年末です! シネマ・カーテンコールです!

2014/11/25 — 第309号

■あっという間に今年も残りわずか。皆様、やり残したことはございませんか……? 見過ごした映画はございませんか……?? ということで今年もやります!〈シネマ・カーテンコール〉です! 観たかったのに結局観ることができなかった、そんな映画を網羅するかのような絶妙なラインナップです!■『渇き。』は今夏話題沸騰となった賛否両論の問題作です。併映の『私の男』と、どちらも娘と男性保護者の関係を描いていますが、前者はアニメーションを入れたりPOPな映像や音楽でテンポ良く描いた作品であり、後者は薄暗くどんよりとした映像で文学的で濃密な空気感をたっぷり含んだ作品です。見応えのある“重たい”二本立てです。■思わぬ良作だったのは次の二本立て。『ケープタウン』は美しいオーランド・ブルームのワイルドな姿を堪能する刑事モノかと思いきや、重厚な社会派ドラマです。原題は『ZULU』という南アの先住民族の名前が使われており、アフリカに根ざす深い闇を描いています。併映の『フライト・ゲーム』は上空12000mの飛行機内で繰り広げられる密室サスペンス。冒頭の何気ないシーンからぐっと引き込まれますが、巨体を持て余すかのようなリーアム・ニーソンの冴えない憂鬱に揺らいだ表情が観る者の不安をさらに煽ります。真犯人は誰だ!?■以上の4本以外にも『ブルージャスミン』『her/世界でひとつの彼女』『サード・パーソン』『フランシス・ハ』『インサイド・ルーゥイン・デイヴィス』などなど上映します! 12/18(日)より順次上映。お楽しみに!

— 釘宮あかね