濃密な要約

2016/05/25 — 第327号

映画本編の上映前に掛かる予告編、お客様の中にもこれを楽しみにしている方がいらっしゃるかと思います。かく言う自分もその一人。場内が暗くなり、予告の開始で心がスクリーンに持っていかれるあの瞬間……映画館で映画を観る醍醐味のひとつではないでしょうか。■細かく編集された映像はもちろん、音楽、キャッチコピーやナレーションに至るまで、限られた時間で本編の魅力を伝える予告編は、宣伝材料というよりひとつの作品といってもいいでしょう。昔の日本映画は予告編製作で助監督の力量を測っていたというのも納得。アメリカでは優れた予告編を讃える授賞式もあります(今年の最優秀作品は「スポットライト 世紀のスクープ」でした)。■名画座である当館では邦洋、新旧含め様々な予告編が上映されます。本編はもちろん、そちらも楽しんで頂けたら幸いです。個人的には80年代の角川映画の予告編はどれもドラマチックで、子供心にとても印象的でした。いつか予告編だけを延々上映するプログラムができたらなぁ……。

— 武田俊輔


まんすりいコラム

2018/09/27
途中入場のルール改変などについて
2018/08/23
『ブロウアップ ヒデキ』、1975年の少女たちへ
2018/07/31
ショーシャンク事件に、感謝。
2018/06/29
新文芸坐、全面禁煙化への動き
2018/05/28
贅沢な日常
2018/03/28
新文芸坐友の会 入会・更新料の変更のお知らせ

年別アーカイブ