“名画座”再開! 2002年新春はアジア映画オンパレード

2001/12/01 — 第33号

来年1/2(水)よりは、心に染み入る感動の中国映画『山の郵便配達』をモーニング&レイトショーにて。さらに1/12(土)からの「ニュー アジアン シネマ ウィークス」特集は名画座スタイルに戻って1日3〜4回上映の二本立てです!◆今、やはり旬はアジア映画でしょう! さらに今年は韓国映画ラッシュ。18本のうち7本が韓国映画でちょっと偏ったかなぁ? でも涙をのんだ韓国映画も多数あって、つまり選りすぐりのセレクトでもあるわけ。◆ざっと各番組の紹介を。上映順に、(1)『イルマーレ』&『純愛譜』は時空を越える愛のファンタジー。夢見がちな貴女のためのプログラム(はーと)(2)冷戦後の今でも平和と危機は紙一重の極東社会派サスペンス『ユリョン』&『JSA』。(3)韓国新世代の性と暴力を鮮烈に描く(でも結構笑える二本立てでもある)『アタック・ガス〜』&『LIES/嘘』。(4)ベトナムといえばこの人、トラン・アン・ユン監督の2本は『夏至』&『青いパパイヤ〜』。『シクロ』はまたの機会に……。(5)『グリーン・〜』&『キャラバン』の合言葉は“西洋の血が混じるとアジアもファッショナブル”(トラン・アン・ユン然り)。映像美+魅惑の音楽に酔いしれて。(6)香港映画からは『星願』&『流星』。まさにハンカチ必携(ホント!)。そして(7)『春香伝』&『ナンナーク』は深ぁ〜い愛の二本立て。(8)『りんご』&『ブラックボード』の監督サミラは、21世紀の映画を担う一人であることがこの二本で証明されてしまった弱冠21歳! そしてトリは(9)円熟の極みのホウ・シャオシエンに、いつまでも初々しいエドワード・ヤンの台湾対決『フラワー・オブ・〜』&『ヤンヤン〜』だ。◆以上9番組。前売り3回券、5回券も絶賛発売中!

— 矢田庸一郎