12月は開館記念日と「シネマ・カーテンコール」

2016/11/24 — 第333号

12月12日は小津安二郎の誕生日であり命日であり、そして新文芸坐の開館記念日でもあります。皆様のおかげで16回目の記念日を無事に迎えられそうです。心からお礼申し上げます。■12月の恒例企画と言えば、その年に公開された優れた外国映画を特集する「シネマ・カーテンコール」。当館初上映の選りすぐりが20本揃いました。■個人的なお薦めは『メカニック:ワールドミッション』と『アウトバーン』のアクション映画2本立て。意外に思う方もいるかもしれませんが、この手の映画を2本立てで観るって、今や貴重な機会ではないでしょうか? (話せば長くなりますが)諸々の事情と状況により、現在の名画座は娯楽作よりは作家中心のプログラムが主で、能天気で単純なアクション作品は封切りを逃したら再びスクリーンで観るのが困難になっています。でもやっぱり面白いんですよ、こういう映画は。■その他にも12月は「新文芸坐シネマテーク」「幻想と怪奇のレイトショー」「ゴーストバスターズ(2016)年忘れ絶叫上映」などイベントが盛りだくさん。さらに土曜以外に12/23(金・祝)にもオールナイトがあります。どうぞ気軽に楽しんでください。そもそも映画の敷居は低いんです。

— 花俟良王


まんすりいコラム

2018/07/31
ショーシャンク事件に、感謝。
2018/06/29
新文芸坐、全面禁煙化への動き
2018/05/28
贅沢な日常
2018/03/28
新文芸坐友の会 入会・更新料の変更のお知らせ
2018/02/26
東京アニメアワードフェスティバル2018
2018/01/28
新文芸坐ベストテン2017 投票開始!

年別アーカイブ