クラシック映画をスクリーンで観るということ

2017/09/24 — 第343号

CDの時代が来た時に手放して以来、四半世紀ぶりにレコードプレーヤーを買いました。ここ数年レコード需要は再燃していますが、私が買ったきっかけは、店頭に並ぶ往年の名盤のジャケットの迫力に後押しされてでした。「ああ、これが本当の姿なんだよな」とCDのジャケットと比べ、31㎝四方の醸しだす空気感を楽しんでいます。■さて当館では、9月下旬からの特集<ヴィスコンティとイタリア映画の傑作たち>に引き続いて、10/8(日)から<ワーナー・ブラザース シネマフェスティバル PART3>を開催します。いずれも1930年代から80年代までに製作された、いわゆるクラシック作品です。一般家庭にビデオデッキが普及し出したのは1980年代前半なので、ここで上映されるほとんどの作品は「映画館で観るため」だけに作られた作品です。■もちろん現在ではソフト化され、テレビはもちろんスマホでさえ楽しむことができます。それでもやはり映画館でご覧いただきたいのです。大きなスクリーンと対峙し、包まれ、発見し、堪能していただきたいのです。私は公開当時の劇場の様子を想像します。設備やマナーが変わっても、当時のお客さんも同じようにスクリーンを見つめていたでしょう。■外国のクラシック映画は、権利などの問題でスクリーンで鑑賞できることのほうが稀です。以前上映できた作品もどんどん上映できなくなっています。ぜひこの機会に、歴史に名を残す名作たちの「本当の姿」を暗闇でお楽しみください。

— 花俟良王