フィルムとデジタル

2017/10/31 — 第344号

フィルムで撮影した写真をデジタル化して楽しむ「フィルデジ」というのが流行っているそうです。デジタル化自体は以前からあったのですが新たなネーミングを得てフィルムの魅力が再確認され、始める人が増えているとのことです。●フィルムで撮影された映画をDVDやブルーレイで観る、これもフィルデジの一種だと思いますが、そのことに対して映画の場合あまり自覚的ではないように思います。つまりフィルムをデジタルに変換したことの良し悪しや価値観はあまり問われていないように思うのです(安易な「デジタルリマスター」という「言葉」の問題はありますが)。映像は映画の構成要素のひとつであり、映画を観るということは物語の理解を優先する場合が多いのも理由のひとつだと思いますが、それとは別に多くの人がどこかでDVD等は本来のものではなく「代用品」として割り切っているということもあるのかもしれません。●フィルムで撮影されてフィルムで公開された映画はフィルムでの上映で見る。これが正しい行為だと基本的には思うのですが、言うまでもなく近年急速に進んだ映画のデジタル化(撮影、加工、上映、修復等)によって、そうシンプルには考えられなくなりました。古い映画を新しくするにしても、劣化したネガの修復には従来のフィルムベースの作業だけでは限界があり、デジタル化しての作業が必須となります。それをまたフィルムに戻した画は純粋にフィルムの画といえるのだろうか…等々事態は様々で複雑です。当館でもデジタルで撮影されたものをフィルム上映したりその逆もありますが、この話は長くなるのでまたの機会に。

— 梅原浩二