『ブロウアップ ヒデキ』、1975年の少女たちへ

2018/08/23 — 第354号

5月に西城秀樹さんが亡くなってすぐ、名画座として何かできないかという焦燥感の中、なんとか1日工面して『愛と誠』と『傷だらけの勲章』の2本を上映し、ファンの皆さんと追悼をさせていただきました。個人的には「歌手・西城秀樹」の若い魅力が詰まった『ブロウアップ ヒデキ』を上映したかったのですが、諸事情により実現できませんでした。しかしこの度、他作品と一緒に満を持して『ブロウアップ ヒデキ』を上映できることになったのです。■映画は「時」を記録します。1975年夏のコンサートツアー(と、オフの日)を記録した本作には、20歳のヒデキと、彼に熱狂する少女たちが記録されています。ヒデキのその後の歩みはテレビを通じて知っていますが、あの球場のグラウンドで祈るように彼を見つめていた少女たちのその後は、私は知ることができません。■あれから40余年、ずいぶん時が経ちました。大人になり生活を続ける、ということは楽しいだけではなかったと思います。それでもあの時、球場で、学校で、テレビの前で、ヒデキに熱狂していた気持ちはとても「純粋」だったことでしょう。■『ジャガー』の中で「俺が死んでも君は生きろ」とヒデキは言いました。日々の忙しさからしばらくヒデキを聴いていなかった人も、あの時の気持ちを思い出してみてはいかがでしょう。明日をより良く生きるヒントがあるかもしれません。■そして『ブロウアップヒデキ』9/24(月)20:50の回に限っては、発声・手拍子・ペンライト(←ヒデキが元祖ですものね)OKの「応援上映」となります。あの時に戻れます!

— 花俟良王


まんすりいコラム

2018/09/27
途中入場のルール改変などについて
2018/08/23
『ブロウアップ ヒデキ』、1975年の少女たちへ
2018/07/31
ショーシャンク事件に、感謝。
2018/06/29
新文芸坐、全面禁煙化への動き
2018/05/28
贅沢な日常
2018/03/28
新文芸坐友の会 入会・更新料の変更のお知らせ

年別アーカイブ