7/7より「キネマ旬報ベスト・テンからたどる昭和・戦後映画史」

2019/06/28 — 第364号

キネマ旬報は今年、創刊100年を迎えます。創刊は1919年(大正8年)7月11日。ウィキペディアで創刊号の表紙の写真が見られます。マーガリータ・フィッシャーの写真とともに、『私共は活動寫眞が並はずれて好きなのであります』という文章で始まる、「御あいさつ」と題された慎ましく可愛らしい文章が載っています。

日本で最も権威のある映画賞と言っても恐らく間違いはないキネマ旬報ベスト・テンですが、そのスタートはまだ無声映画時代の1924年。カンヌ、ヴェネツィア、ベルリンの世界三大映画祭は言うに及ばず、アメリカのアカデミー賞創設よりも3年古く、世界最古のクラスの映画賞と言われるゆえんです。

当館では7月7日より、昭和の戦後の日本映画ベスト・ワン作品から20作品を選び上映をします。上映作品は、史上最多の6本のベスト・ワン作品を世に出した小津安二郎監督作品からは『晩春』『麦秋』。25回のベスト・テン入り果たした黒澤明監督作品からは『生きる』『赤ひげ』。5回のベスト・ワン作品を出した今村昌平監督作品から『にっぽん昆虫記』『復讐するは我にあり』など。

7月9日は14時40分より、70年代よりベスト・テン選考委員を務められ「映画を見ればわかること」の連載でもお馴染みの川本三郎さんと、10代目の編集長を務められた植草信和さん、13代目の編集長だった関口裕子さんのお三方のトークショーも開催します。

— 矢田庸一郎


まんすりいコラム

2019/09/24
《半券を集めて抽選プレゼントを当てよう》キャンペーン開催!
2019/08/19
For 京都アニメーション
2019/07/29
北野武アンコールに寄せて
2019/06/28
7/7より「キネマ旬報ベスト・テンからたどる昭和・戦後映画史」
2019/05/24
追悼 内田裕也
2019/04/25
「しねまんすりい」リニューアル

年別アーカイブ