For 京都アニメーション

2019/08/19 — 第366号

京都アニメーションの事件が発生して一ヶ月が経ちます。当館では4月のアニメスタイルオールナイトで京都アニメーション製作の『リズと青い鳥』を上映したばかりでした。高校時代は『らき☆すた』や『CLANNAD』、大学時代は『日常』や『氷菓』に夢中だったので、京アニ作品の上映が決まったときはいつにも増して嬉しかったのを覚えています。■新文芸坐に入って四年が経ち、多くの映画人たちの追悼特集を経験しました。誰かが亡くなるたび悲しみは尽きませんが、今回の事件については、悲しみにも怒りにも気持ちが定まらないまま一ヶ月が過ぎようとしています。■先日、京アニが手掛けたコメディ作品『フルメタル・パニック!ふもっふ』を見返しました。久しぶりだったのもありますが、あまりのおもしろさに腹を抱えて笑いました。そうして笑い転げながら、京アニのアニメがどうしようもなく好きであることを再認識でき、その気持ちが失われていないことに安心しました。■悲しいことは容赦なく襲ってくる。心が折れることも、疲れることもある。それでも、作品が好きな気持ちだけは絶対に失ってなるものか、と強く思うのです。

— 浜本栄紀


まんすりいコラム

2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス
2020/01/01
明けましておめでとうございます
2019/12/30
贅沢すぎる映画納め
2019/11/30
偉業の傍らで

年別アーカイブ