伝奇人形劇スペクタクル+1

2002/12/16 — 第58号

その昔、NHK人形劇シリーズというTV番組があった。「ひょっこりひょうたん島」が有名だが、私の世代(アポロ11号月面着陸や大阪万博の頃に小学就学)は何といっても「新八犬伝」が人気なのだ。◆室町時代。仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の8つの珠を持つ八犬士が主君・里見義実の危機を救うべく、怨霊や悪人どもを相手に獅子奮迅の活躍をするという、伝奇時代劇である。原作は滝沢(曲亭)馬琴の「南総里見八犬伝」。◆劇中の八犬士で、一番人気があったのは犬塚信乃であろう。元服まで女の子として育てられたという美貌の剣士で、腕も立つ。恋も一途。モテて当然のこのキャラの声をアテていたのが、近石真介さん。◆八犬士の面々にも増して個性的な悪役たち。とくに里見家に祟りをなす“玉梓が怨霊”、これはチョット怖かった。金色の目を剥き、真っ赤な舌を垂れ「わ〜れ〜こ〜そ〜は〜、た〜ま〜ず〜さ〜が〜お〜んりょう〜〜〜」の声とともに現れる怨霊玉梓。声の主は、阿部寿美子さん。◆そして「新八犬伝」に登場する全ての人形を製作し、劇場版では巨大な玉梓の人形を自ら操っているのは辻村ジュサブロー(現・寿三郎)さん。来年1/25(土)のオールナイト「伝奇人形劇スペクタクル+1」では、以上の御三方をゲストにお招きしてお話をしていただく。ファン、集まれ。◆当夜は「新八犬伝」など人形劇3本に加えて、深作欣二監督作品「魔界転生」を上映。天草四郎に沢田研二、柳生十兵衛に千葉真一、宮本武蔵に緒形拳という豪華キャストだ。この作品、辻村さんが衣装アドバイザーをされている。来年春の窪塚版「魔界転生」公開前に、こっちも観ておこう!!

— 関口芳雄