皆さんの、今年の思い出の映画は?

2003/12/16 — 第82号

今年も一年を振り返ってみる季節になりましたね。お客様の中には、自分なりの映画ベストテンを作ったりする方も多いのでは。もしよろしければ、その結果、教えていただけませんか。●前年公開の日本映画をまとめて見ていただく恒例企画「気になる日本映画たち(アイツラ)」の参考にさせていただきたいのです。もちろんリクエストもOK。紙に書いてアンケートボックスに入れてください。メールでも結構です。●わたしの、今年の思い出の映画はというと『ロッカーズ』かな。陣内孝則の長編監督デビュー作で“THE ROCKERS”というバンドでの実体験を基にした青春映画。実を言うと、全然、期待していなかった。どうせ、オレ様映画だろう、と。●まず物語がテンポよく心地よい。登場人物たちのキャラが立っていて、ギャグも小気味よく炸裂。そして見せるべきところはじっくり見せる。小泉今日子、鈴木京香ら豪華なゲスト出演も楽しい。特に大杉漣扮するフォークシンガー(?)には大笑い。監督自身が、笑って、泣いて、手に汗握らせる映画になった、と語っていたが、まさにその通りの出来映えだ。●予想しなかった面白さにびっくり(それでちょっと点が甘くなったかな)。「気になる日本映画」で、この映画も上映したいと思うのだが、いかがでしょう。「『ロッカーズ』面白かった」という方、「『ロッカーズ』ぜひ見たい!」という方は、その旨アンケートボックスに入れていただくと心強い。まぁ、全く反対の意見でもそれはそれで参考になります。

— 矢田庸一郎