スタッフコラム

上映開始後の入場制限、是か非か?

2001/04/01 — 第13号

新文芸坐は、オープンから3ヶ月が経ちました。新文芸坐は、お客様の“映画を観る環境”にこだわり、飯島直樹建築デザイナーの設計により造られました。映写設備、音響設備、客席の椅子、場内の吸音設備、スクリーンの大きさ、ロビー空間、和田誠さん作の壁画、受付、売店、トイレなど……。設備面に於いては、映画館らしい雰囲気のある空間になったと思っています。その設備を生かして、サービス面で“映画を観る環境”に配慮したとき、ご覧になっていらっしゃるお客さまの雰囲気を損ねる途中入場をご遠慮願えないかと考えて、上映開始30分後の入場制限を設けました。“映画を観る環境”に配慮した方法なのですが、スリ、痴漢、睡眠目的など映画を観る以外の目的の方の入場予防にも効果があります。しかし、一方では映画館の営業方針が優先してしまい、お客様の都合により気軽にぶらりとご入場できないことが欠点です。

正直のところ、スタッフの間でも意見が分かれており、お客様からのご意見も賛否両論あると承知いたしておりますが、現在入場制限させていただいております。

そこで今回、お客さまからのご意見をお聞かせいただきたくアンケートを実施することにいたしました。ロビーにアンケート用紙を用意いたしましたので、ぜひご意見をお聞かせください。“上映開始後の入場制限、是か非か?”ばかりでなく、様々なご意見をお寄せください。

— 永田稔


ハン・ソッキュと新世代韓国映画たち―見るなら今!の巻

2001/03/21 — 第12号

韓国全土で200万人の観客動員を超え、ついに韓国にもブロックバスターの時代到来と騒がれた映画が当館で3月13日より始まるニュー・コリアン・シネマ・ウィークの中で上映する『シュリ』です。中野裕通によるスピード感あふれる予告編の効果もあって日本でも動員100万人の大ヒット。この優れた予告編にたがわず本編も弾数多き銃撃アクションあり、南北問題あり、禁じられた恋ありのてんこもりで最後まで息つく暇もないのですが、なかでも本作で日本のファンもかなり増えたと思われるハン・ソッキュの“誠実さ”には心打たれるものがあります(チェ・ミンシクの怪演も素晴らしい!)。役に対する誠実さが彼の役者としての特質であり、魅力でもあり、『シュリ』でも彼の魅力を十分味わえるのですが、今回は彼の主演作をさらに3本、『八月のクリスマス』『グリーンフィッシュ』『カル』も上映いたします。『グリーンフィッシュ』は今回上映の傑作『ペパーミント・キャンディー』のイ・チャンドン監督のデビュー作としても有名ですし、『カル』『八月のクリスマス』では好感度No.1女優、シム・ウナと共演し、その彼女の主演作『美術館の隣の動物園』も上映いたします。そのほか香港のクリストファー・ドイル撮影の『モーテルカクタス』や韓国でのホラーブーム先駆けとなった『女校怪談』などなど旬の韓国映画を盛りだくさん上映いたします。『ユリョン』や『JSA』等、公開待ち遠しい話題沸騰の新作韓国映画予告編大会もお楽しみに。

— 梅原浩二


怖がりながら、ニヤケてください

2001/03/11 — 第11号

『TATARI』という映画をご存知ですか? 昨年公開されたギミック満載の愛おしいB級ホラーなのですが、何を隠そう、その映画のプロデューサーは『フォレスト・ガンプ』『キャスト・アウェイ』のロバート・ゼメキス。しかも、自ら設立したホラー映画専門の製作会社の第一弾。そうです、彼はかなりのホラー/オカルト映画ファンだったのです。

そんな人が遂に自分でコワ〜イ映画を撮っちゃいました。『ホワット・ライズ・ビニース』。意味は分かりません。好きなもんだから自分も楽しんでるのが手にとるように伝わります。そこはハリウッドの優等生として知られるゼメキス監督のこと、己の監督作に血ドバドバなんて下品な手は使わず、スリラー要素を盛り込み、あくまで物語と雰囲気で恐怖と驚嘆の世界へ誘います。嬉しいのは、往年のスリラー(特にヒッチコック!)をリスペクトしていること。前半はこらえてこらえての手法や写真立て、鏡等の小道具の使い方、そしてオーケストラによるあの旋律! くぅ〜。これよ、これ。こういうの、ありそで無かったもんな最近。目立たぬように最先端の特撮も施され、これぞ新世紀のオカルト・スリラー也。もっと書きたいけどこの種の映画に長話は禁物。こんなコワオモな映画を大画面・大音量で見ない手はありません。3月6日から1週間、口にチャックでお待ちしております。最後にひとつだけ。同時上映は『エクソシスト/ディレクターズ・カット版』! どうだ!

— 花俟良王


部屋を出て、映画館で映画を聞こう!

2001/03/01 — 第10号

◆新文芸坐オープニング特集『21世紀に伝えたい──戦後日本映画 時代が選んだ86本』に述べ30人の監督、俳優さんたちが“柿落とし”の舞台挨拶に駆けつけて下さり、“トークショー”の中で出演作品についてのエピソードや文芸坐の思い出話を熱く語って下さいました。◆監督、俳優さんたちは、驚いたことに20年も30年も或いはそれよりもっと前の撮影現場の状況などを詳細に記憶していて、当時の情景、雰囲気が面白く、楽しく伝わってきました。映画をより奥深く知ることができ、お聞きになったお客様は、きっとご満足なさり、得をした気分になったことでしょう。◆この“トークショー”のように“語る”ことによって映画を伝えていくことも大切なことではないかと実感いたしました。これからも映画関係者や映画好きタレントに協力してもらい、このような企画を考えていきたいと思います。◆その第一弾として3月の毎土曜日のオールナイトは、高田文夫のプロデュースにより、イッセー尾形(3日)ビートたけし(10日)沢田研二(17日)大滝詠一(24日)高平哲郎(31日)の超豪華ゲストによる《トークショー&ゲストが選んだ映画》の特別企画です。(チラシをご覧ください)◆ゲストが選んだこだわりの映画は、名作あり、傑作あり、今回を見逃すと再びスクリーンで見ることができないであろう珍品ありとバラエティーに富んだ映画が上映されます。現代は、自分の部屋の中で様々な方法により映画を見ることができますが、部屋から出て超豪華ゲストのトークショーを聞いて映画をお楽しみいただきたいと思います。

— 永田稔


アイルランド映画ファンの独り言(2)

2001/02/21 — 第9号

◆いつの頃からか、アイルランドやスコットランドの映画が好きになっていた。映画を観るだけに飽き足らず、かの地へ行ってみたいと思うようになった。◆1997年3月、旧文芸坐閉館。職場がなくなったわけだが、とりあえず自由な時間ができたことは嬉しかった。で、行ってきましたよアイルランド&スコットランド。汽車とバス・タクシーを乗り継いで、お気に入り映画のロケ地やゆかりの地を二十日間ほど回ってきたのだ。歴史映画の主人公を記念したモニュメント、物語の舞台となった郵便局・銀行・橋などの建造物、観光客のいない小さな漁村、周囲に建築物が見当たらない草原の無人駅…。映画好きは、ツアーじゃだめです。◆スクリーンで見た景色を目の当たりにし大好きな映画をより身近に感じられ、スコブル満足ではあったのだが、旅の途中ちょっとした事件があった。エジンバラからロンドンに移動中、乗車していた列車が数十分間緊急停車したのだ。原因はロンドン市内の主要駅とヒースロー空港をターゲットとした爆破予告があった為。もちろんIRA(アイルランド共和軍)のしわざだ。車内アナウンスが流れると乗客からは小さな笑いがおこっていたので、英国の人には慣れっこなのかもしれない。などと考えながら、“IRAは実在するんだ”なんて当たり前のことを身をもって知ったのであった。◆というわけでIRAに無関係なアイルランド映画「アンジェラの灰」&「フィオナが恋していた頃」の二本立は2/20(火)〜26(月)です。観るべし、そして涙すべし。

— 関口芳雄


『オーロラの彼方へ』……タイトル変えてほしかったの巻

2001/02/11 — 第8号

◆期待して映画館に入ったのに面白くなかった、ということはよくありますね。だがその逆はあまりないような。ところでこの『オーロラの彼方へ』。期待してないどころか、積極的に観たくないと思っていたのに何の因果か映画館に入っちゃった。するとどうでしょう、おもしれぇーじゃん!! (オレだけ?)。◆“NYでオーロラの見える日、30年前と無線がつながった。それは父が死ぬ前日……。父と子の絆に涙する感動作”だと(プレスより)。ゲロゲロ。観たくねーと思うよね。ところがこの映画、実は推理サスペンスだったのだ。◆息子が30年前の父(今は既に死亡)と無線で交信してしまったため歴史が狂い、当時世間を騒がせていた殺人鬼に母(今もちゃんと生きてる)が狙われるハメに。父と息子は無線で連絡を取り合って捜査に乗り出すが、父が逆にその容疑者として警察に捕まり、息子の方にも殺人鬼の魔の手が……(よく分からないという方、映画観てね)。◆主演は、妻メグ・ライアンをラッセル・クロウに寝取られ世界中から同情された(笑われた?)デニス・クエイドに、『シン・レッド・ライン』で女性陣から注目の的、ジム・カヴィーゼル。この人、とっても敬虔なクリスチャンで“夢は?”と訊かれたら「キリストと話したい」だって(笑)。時空を越えて悪人と戦ううちに人々が不思議な絆で結ばれるという物語は、ちょっと『ゴースト』を思い出させます。ロードショーは大コケ。だからビデオじゃなくてちゃんと映画館で観てると、意外な時に自慢できたりするかもよ。原題は「周波数」。あっ、なんかいい感じ。

— 矢田庸一郎


アイルランド映画ファンの独り言(1)

2001/02/01 — 第7号

◆アイルランドの映画というと、IRAを思い浮かべる人が多いのでは? しかしテロが横行していたのは主に北アイルランドを中心としたイギリス=UK(連合王国)。むしろ、独立後のアイルランド共和国を舞台にした映画は、牧歌的でほのぼのした作品が多いんです。私はアイルランド映画の数々を思い浮かべるとそれだけで幸福な気分になってくる。無骨で人なつっこい国民性、緑が萌える大地、信心深さといい加減さがほどよく同居したカトリック文化、その影響で子だくさんの家族…。人々には悩みなどなく(あってもギネスかウィスキーで忘れ)、毎日笑顔で過ごしているのではないか、などとつい想像しがち。◆さて、アイルランドってそんな面ばかりなのだろうか? というわけで「アンジェラの灰」&「フィオナが恋していた頃」の2本立をご覧ください。アイルランドといえばカトリックの影響を抜きには語れない。そのカトリック教会の否定的な一面を描いているところが2本の共通点で、「アンジェラの灰」ではアイルランドの某教会での撮影を拒否されたほど。笑顔ばかりではない、アイルランドの怒りや悲しみを見てください…。などと言っておきながら、両作品を観たあともアイルランドに対する憧憬と好感は少しも薄れることのない私なのでありました。

— 関口芳雄


映画を安く観る方法

2001/01/21 — 第6号

◆当館のモットーは“いい映画、面白い映画を安く沢山”。番組編成は常に面白い映画てんこ盛りでお送りします。◆ところで問題はそのお値段。当館は二本立て1300円ですが、さらに安く映画を観る方法をお教えいたします。◆(1)「友の会」に入会してください。入会金は1300円だけど1枚招待券がつくので、まずこれで元がとれるという寸法。次からは入場料1000円。ですから気に入った番組のときに来て即入会。その日は招待券で映画を楽しむ。次はあなた次第。1000円出すだけの番組が見当たらなければ、そのままほったらかしにしてても損はなし。また入会時に会員証兼ポイントカードを差し上げます。1回入場すると1ポイント。10ポイントでまた招待券1枚プレゼント。(2)ラスト1本割引800円。仕事の都合で2本観られる時間に間に合わないという方、最後にやる方の映画だけ見逃していたという方、1300円払う必要はございません。(3)情報誌割引。「ぴあ」、「Tokyo Walker」、「TOKYO1週間」のうち、どれかは買ってない? 最新号を持ってきてくれれば100円割引です。学生割引との併用もOK。◆2月、3月にかけて『ホワット・ライズ・ビニース』(背筋が思わずゾォ〜、のサイコ・サスペンス)、『エクソシスト/ディレクターズ・カット』、『バーティカル・リミット』(一風変った山岳アクション。爆破量多し)など今年の、注目の正月映画を続々上映します。ロードショーで1800円も出して映画観ないでっ!!

— 矢田庸一郎


とびきりキュートなコメディエンヌ

2001/01/11 — 第5号

◆文芸坐といえば邦画の旧作特集がウリと思われがちだが、旧文芸坐では洋画の特集もよく上映していた。「スーパーSF世界特撮映画大会」「喜劇映画セレクション」「法廷映画特集」「恐怖劇場」「大河シネマ選集」監督特集、俳優特集…。しかし以前と比べると映画興行と配給を取り巻く環境も変わって旧作洋画の上映が難しくなり、勢い洋画の特集もだんだん減ってきた。映画はスクリーンでと思いながらも、洋画ファンがビデオやDVDに走るのも致し方なきや…。◆そんな中、新文芸坐が初めてお贈りする洋画特集が『とびきりキュートなコメディエンヌ/ドリュー&キャメロン』。キャメロン・ディアスとドリュー・バリモアの主演作を10本まとめて上映します。◆キャメロンがヒット作に恵まれているのに比べ、ドリューは小品が多く意外に知られていない佳作が多い。今回上映する「25年目のキス」「ウェディング・シンガー」もまだ観ていない人は是非ご覧いただきたい。必ずや“イイ拾い物をした”と思って頂けるはずです。芸能人一家に生まれスクリーン・デビューから20年、私生活では色々問題もありスランプの時期が長かったが、ここ数年は仕事も順調。近年の作品では純で野暮ったい役どころが多いが、これがとてもチャーミングで可愛らしい。見る者を幸福な気分にさせる、あの笑顔に会いにきてください。

— 関口芳雄


謹賀新年

2001/01/01 — 第4号

新年明けましておめでとうございます。

四年ぶりで、それも新世紀の新年を劇場でお客様のお顔を見て迎えられることは、感慨無量です。

新文芸坐は、名画座の固定概念を打ち破り、新しい名画座を構築すべく、《21世紀へ、新“名画座”の創造》をテーマにして、

“映画の感動は、映画館のスクリーンで!”
“一人でも多く、映画ファンを増やそう”
“さまざまな可能性にチャレンジしよう”

という三つの目標を掲げ、具体的な行動指針を定めて、新世紀の名画座をお客様と共に創造していきたいと考えています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成13年1月

— スタッフ一同


ご挨拶

2000/12/12 — 第1号

この度弊社は、(株)人世坐より映画館「文芸坐」の事業を引継ぎ平成12年12月12日『新文芸坐』の名称により新たな設備の下に開業する運びになりました。

弊社と致しましては映画興行は初めてとなりますが、日本映画興行界に大きな足跡を残した「文芸坐」の名前を汚すことなく、新世紀の映画文化醸成へ微力ながら努力させていただく所存でございます。

何卒「文芸坐」同様のお引立てを賜ることをお願い申し上げご挨拶とさせていただきます。

平成12年12月12日
株式会社マルハン
代表取締役社長 鈴木 嘉和

— スタッフ


スタッフコラム

2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー
2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス

年別アーカイブ