まんすりいコラム

ミッション:インポッシブル大会、友の会優遇します!

2012/05/01 — 第254号

新文芸坐では、5/5(土)から12(土)までの期間、《ミッション:インポッシブル大会》を開催いたします。M:Iシリーズ全4作の上映です。また、この期間中は、友の会会員のお客様のために以下のサービスを実施します。

1. 会員のお客様へ 《スペシャルデイズ》
期間中は、入場ポイントが2ポイント。もちろんラスト1本でも2ポイントがつきますので、連夜の映画鑑賞でも割安感があります。仕事・学校のお帰りの映画鑑賞もオススメですよ!

2. 現在会員でないお客様へ 《入会・更新のポイントサービス》
期間中は、入会・更新されたお客様に、2ポイント加算いたします。通常は新規入会時にはポイントがつきませんので、かなりお得です。更新には会員証が必要ですので必ずご持参ください。なお、映画も観る場合は1.のサービスが併用されますので、入会時に差し上げる招待券は別番組でお使いいただくほうがお得です。

期間中は会員の方を優遇します! お手許に旧い会員証があるなら、ぜひ期間中に新文芸坐にご来場ください。スタッフ一同、お待ちしております

— スタッフ


柳亭市馬 LOVE

2012/04/16 — 第253号

■落語熱は続いていますというかさらに症状は進行しています。でも今や落語熱というよりは市馬熱です。柳亭市馬さんの独演会や出番のある各寄席にちょくちょく通っています。では私が熱を上げている柳亭市馬さんはどんな噺家さんかというと、5代目柳家小さん師匠のお弟子さんで、日本歌手協会の会員でもあるという美声の持ち主。その美声を生かして古典落語の中に昭和歌謡が登場するという、しかもそれが本当に上手い!(ステキ!)■昭和歌謡が登場する市馬さんの噺で代表的なものは「掛取り美智也」です。大晦日にお金のない夫婦が借金取りの好きな趣味(喧嘩や芝居)を使って借金取りを追い返すという古典落語「掛取万歳」の中に、三橋の旦那という三橋美智也メドレーを歌うキャラクターが登場する市馬さんならではのお噺。三橋美智也を歌うその声に聞き惚れてしまいます。■そして年末の恒例となっている「年忘れ市馬落語集」では前半は落語、後半は歌のゲスト(昨年は昔々亭桃太郎さん)を招いての市馬さんの歌謡ショー!!落語の中で聞くのとはまた違った、市馬さんののびやかな歌声が会場中に響き渡っていました。■歌良し、もちろん落語良し、さらには市馬さんの全身から発せられる明るさが心を軽くしてくれます。落語鑑賞の難しいお作法はよくわかりませんが柳亭市馬さん好き!という感じです。

— 佐野久仁子


GWの一日は“中つ国”へ日帰り旅行だ

2012/04/01 — 第252号

今年もやります。5/4(金)の「ロード・オブ・ザ・リング(以下、LotR)」スペシャル・エクステンデッド・エディション 三部作。一挙上映は9回目の上映です。毎年のように上映しているのですが、私は昨年初めてまとめて観ました。個別には既に観ていたのですが、“通し”はツラそうで躊躇していたのです。が、新作「ホビット」公開までに一度は体験しておこうと思い、三千円払ってチケットを購入、ついに観ました。いや、体力的には問題無かったです。それよりも映画の面白さに13時間近くの上映が、あっという間に感じられました。今年の新作公開までに、一度は観ておくことをオススメします。DVD借りてきて自宅のTV画面で13時間……はツライですよ! 是非スクリーンで。■さて今年の12月に公開予定の「ホビット 思いがけない冒険」は来年公開の「ホビット ゆきて帰りし物語」との二部作になっています。内容はLotRの前日談です。LotRでイアン・ホルムが演じたビルボ・バギンズを主人公(もちろん若い)に冒険の旅が展開、ラスボスのドラゴンを退治、最後にはお宝ゲット!? という、王道をゆくハイ・ファンタジーです。原作では架空の世界を描きながらも、困難に際しての主人公の成長も大きなテーマになっているので、このあたりを監督のピーター・ジャクソンがキッチリ描いてくれるでしょう。LotRのラストでのサムの活躍に涙した多くのファンの皆様、期待して冬を待ちましょう。■LotR三部作は、あと何年スクリーンで上映できるかわかりません。今年も一挙上映しますので、皆様は一挙鑑賞してください。レンバスはないけどサグーンロールがあるし。

— 関口芳雄


名画座待望論、なのか?

2012/03/16 — 第251号

今年のアカデミー賞作品賞はフランス映画『アーティスト』が獲得しました。サイレントからトーキーへ移行する映画界を描くその世界観に合わせ、新作なのに白黒かつ台詞もほとんどないという野心作です。当初は拒絶反応もあったそうですが、結局古き良き時代へのオマージュ以上の普遍的な感動が協会員の琴線に触れたようです。■そして『アーティスト』としのぎを削ったのがマーティン・スコセッシ初の3D作品として話題の『ヒューゴの不思議な発明』。「スコセッシが3D?」と懐疑的でしたが、観たらなるほどそういう訳かと合点がいきます。ネタバレになるので詳しく書きませんがこちらもまた映画への愛が溢れているのです。結局今年のアカデミー賞は(協会会長の挨拶も含め)まるで失ってしまった何かを取り戻したいかのような、映画そのものへのラブコールに見えました。■突然ですが「名画座カンペ」をご存知ですか? とある映画ファンが都内の名画座スケジュールを手書きで(!)一覧にして配布しているのです。その便利さと熱心さが局地的な話題になっており先日もラジオ番組で紹介されました。その番組の見解で興味深かったのが、「ぴあ」が休刊して一旦白紙に戻ったミニコミ的な映画熱が、旧作を媒介にまた形成されようとしている、というもの。熟成され、新たな名画座文化が生まれたら楽しいですね。■ハリウッドでも東京でも過去作品が意識されるのは名画座にとっては嬉しいことですが、そこには現状への批判が含まれていることを忘れてはいけません。

— 花俟良王


Twitter始めました

2012/03/01 — 第250号

当館では遅まきながら「Twitter(ツイッター)」を始めました。「Twitter」とはなんぞや? と申しますと、今何々をしているとか、日々思いついた事などを短い文章で携帯電話などから書き込み、公開する、ネット上の簡易日記のようなものです。大勢の人が参加していて、各自の書き込み(ツイッターの世界では“つぶやき”と言います)が見られるようになっています。見知らぬ人が自分のつぶやきに反応してくれたり、有名人の生のつぶやきが聞けるだけでなく、時には返事をくれることもあったりするので、一方通行ではない色々な“つながり”ができるのがこういったソーシャルメディアの面白いところです。■しかし、そんなものが役に立つのかと思う方もいると思いますが、当館では日替りの上映作品を毎日紹介したり、混雑状況や前売券の販売状況、新たに決まった番組の速報等々、細やかな情報提供ができるようになり、大変役に立っています。最近では、ツイッター上の「今何々線が止まっている」などのつぶやきをリアルタイムで収集・解析し、鉄道会社よりも早くて正確な運行状況を知らせるシステムが開発されるなど、変わった利用法も生まれています。■1月末にギリシャのテオ・アンゲロプロス監督が交通事故で亡くなりました。報道直後からツイッター上では、偉大な監督の死を嘆く声が多く寄せられると共に、様々なエピソードや監督の言葉、撮影中だった新作の詳細が紹介されていて、日本未公開だった作品が今年中に公開される予定である事も知りました。また、当館で3/12(月)から始まる緊急追悼上映についてつぶやいたところ、多くの反響を頂きました。Twitter未体験の方、一ついかがでしょうか? “つながる”ことでどんどん拡がっていく世界もありますよ。

— 後藤佑輔


コダックが経営破綻しました。

2012/02/16 — 第249号

イーストマン・コダックが1月19日に米連邦破産法11条の適応を連邦地裁に申請しました。これは日本の民事再生法のようなものなので、コダックがこの世からすぐさま消滅してしまうわけではないのですが、映画(界のみならず映画そのもの)にとってこれほど大きなトピックスはないように思います。がしかし世間的にはこの話題の扱い、どうも事の大きさには比例していないような気がします。「フィルム文化の終焉」などというものはデジカメの完全普及によりすでに遠い過去のものとなっているからでしょうか。あるいはいくら映画を観てもフィルムを透過した光と影を見ているだけでフィルムそのものを実際に目にすることがないからなのでしょうか。●エジソンにせよリュミエールにせよジョージ・イーストマンの開発したロール・フィルム無しには映画史のスタートはありえませんでした。その後100年以上に渡る映画遺産のほとんどもフィルムで撮影・上映されていたのは周知の通りで、20世紀のほぼ全ての映画はまさしく「フィルム」そのものでした。●すでに現在多くの映画の製作・上映がデジタル化されています。新作がフルデジタルになるのは良いとしても(フィルムで撮影・上映するという選択肢がなくなるのは問題だが)、20世紀の映画が全てデジタルでしか上映することが出来なくなるのは大問題です。このような事態を以前から危惧していましたが、いまや加速度的に現実になろうとしています。(アグファもなき今、多角化に成功し生き残ったフジフィルムには本当に頑張っていただきたいです。そういえばここ数年外国映画のエンドロールにフジのマークを見る機会が増えているような気もします)

— 梅原浩二


まんすりいコラム

2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス
2020/01/01
明けましておめでとうございます
2019/12/30
贅沢すぎる映画納め
2019/11/30
偉業の傍らで

年別アーカイブ