まんすりいコラム

ATG映画

2005/10/01 — 第125号

60年代は、米国の人権運動、ヒッピー運動、ベトナム反戦運動、日本の学生運動が世界に波及した。若者たちの権力に対抗する運動が、全世界的に価値観を大きく変えた時代であった。◆この年代の日本の映画界は、TVに圧迫され産業として凋落の傾向にあった。興行的な見地から、芸術性の高い作品の輸入が途絶え、全国の映画館チェーンで公開するハリウッド映画一辺倒の上映になった。◆そんな時代、映画興行界の中で、質の高い外国作品を上映する映画館組織、日本アート・シアター・ギルド通称ATGが発足した。第一回公開作品は、62年4月のポーランド映画『尼僧ヨアンナ』であった。◆価値観の変化は、観客の映画選択肢の幅を広げ、やがて、洋画の芸術的な作品も一般映画館で上映されるようになり、ATGの初期の目的は達成した。◆一方、邦画の製作本数は激減し、芸術映画を製作する会社はなくなった。監督、俳優が中心になって、自ら映画製作に乗り出す独立プロが出現した。ATGは、独立プロに対して製作費1千万円映画を提案した。半分の5百万円をATGが出資し、映画館を提供するという内容である。第一回提携作品は、68年2月公開された大島渚監督の創造社が製作した『絞死刑』であった。◆ATGと提携、上映した映画は、日本映画の質的水準を維持したばかりでなく、既存会社では実現不能であった前衛的、実験的な作品を生み、大島渚、吉田喜重監督を始めとする多くの監督が海外で高い評価を得るキッカケになった。◆戦後60年企画第6弾として、ATG映画28本を10月8日から2週間特集上映します。ATG映画の“力”を観て欲しいと思っています。

— 永田稔


「珠玉の名編」始まる。『インファナル・アフェア』三部作にご期待!

2005/09/16 — 第124号

『リンダ リンダ リンダ』見てきました。独特の間とズレの山下敦弘ワールド健在。しかも今までになく映像に力がみなぎり人物が躍動します。次の「気になる日本映画達」特集の目玉にしたい傑作です。■ハリウッド娯楽大作は1週間番組。日本映画の新作は「気になる〜」。非ハリウッドの秀作や作家性の高い作品は「珠玉の名編」で上映。こんな感じで、できるだけ新作も幅広く当館のスクリーンに掛けていきたいものです。■今回の「珠玉〜」の一押しは『インファナル・アフェア』三部作。潜入捜査官(トニー・レオン)と警察に潜入したマフィア(アンディ・ラウ)の二人を軸に、多彩な人物たちの命の削り合いを描く香港ノワールです。■特に第二部がいい。前作より10年ほど遡ったプリクエル(時間を遡る続編)で、人々の過酷な運命の由来が抑えたタッチで描かれます。■詳しくは書きませんがアンディ・ラウ(二部ではエディソン・チャンが演じる)とボスの女房マリー(カリーナ・ラウ!)の悲劇が心に残ります。だから三部で、アンディの妻が同名のマリーであり、しかもラストでカリーナ・ラウがちょっとだけ姿を見せるところなど、思わず滂沱の涙ですよ。■一部はトニーが主役。それが三部では主役はアンディに。二部も激しいアクション映画に変りはないのですが、二人のベクトルが拮抗してか、映画全体がそこはかとない静けさに包まれているような気がします。■「インファナル・アフェア」の原題は「無間道」。無間とは仏教の八大地獄のひとつで、責め苦の絶え間ない地獄だそうです。合掌。

— 矢田庸一郎


前回総選挙で棄権された40.19%の人たちへ

2005/09/01 — 第123号

皆様がこれをお読みの時期は知らず、この稿を書いているのは、衆議院が解散された2日後です。小泉首相いうところの“郵政民営化解散”というあれです。税金の無駄遣いとの声もありますが、やはり選挙は面白い。私などは選挙の度にワクワクいたします。■とはいえ、無理に選挙に行く必要はありません。皆様が選挙に行かなくても義務ではなし、悪いことではありません。むしろ国民への政治不信を招いた政治家が悪いのです。国民はいつだって正しいのです。主権在民! 悪いのは汚い政治家。棄権、カッコいいですね。棄権だって立派な意思表示(現政権への肯定)なのですから、いいじゃないですか。大丈夫、この国のことは他に心配してくれている人たちが、ちゃんといますよ。その人たちは、雨が降ろうが槍が降ろうが投票日には必ず投票所まで出向き、清き一票を投じます。いや、彼らのほとんどは団体や組合に入っていたりしますので、一票ではありません。清き組織票ですね。■あ、組織票といえば特定郵便局が票をとりまとめることもありますね。選挙後に全国の特定郵便局長ら関係者が公職選挙法違反で逮捕される報道をよく見ますが、あれも天下・国家を思ってこそ。善意が行き過ぎた結果の勇み足なんです。選挙に行かない皆様に代わって、投票率を上げるべく努力しているんです。他の先進国と比べてそれほど国政選挙の投票率が低くないのも、陰でこうして票をとりまとめている人たちがいるからなんですよ。恥ずかしいでしょ? 日本の投票率があまり低いのも。■ただね、問題がないこともないんですよ。政治家というのは、票を投じてくれた人だけの利益を代表してるんです……。■「考えるな」「消費せよ」「眠っていろ」(ジョン・カーペンター監督作品「ゼイリブ」より)

— 関口芳雄


映画館で働いていて思うこと

2005/08/16 — 第122号

「この仕事をしていて良かったと思う時は、目を真っ赤にして帰るお客さんを見た時だ」と先輩がよく言っているが、全くその通り。涙を流すほど感動する場に(時として人生を変えてしまう場に)立ち会えることは嬉しいし、その場を提供できたことを勝手に誇らしくさえ思っている。◆先日、仕事を通して知り合った人が観に来てくれた。彼は最近、30代を目前にして会社を辞め、憧れだった役者への道を歩み出した。その夜、青春時代のチェ・ゲバラのロードムービーを鑑賞した彼から「相変わらず将来への不安は大きいが、自分から逃げない勇気をもらった」という旨の熱いメールをもらった。なんだか嬉しくなると同時に、改めて映画の力を痛感した。◆8/27から上映する『炎のメモリアル』は、9・11テロで亡くなった多くの消防士への哀悼の意が込められている。物語は直接テロに関係していないが、家族・仕事・仲間を通して描かれる男の生涯にはきっと心打たれるはず。『バックドラフト』を観て本気で消防士を目指したベタな私としては、当館でこの映画を観て涙を流し、消防士を志す青年が生まれたら嬉しいし、あの時私が買った参考書も差し上げたい。また、併映の『Shall we Dance?』を観てダンス教室に通い始めても、それはそれで大変嬉しい。

— 花俟良王


映画を通して戦後60年を検証する

2005/08/01 — 第121号

「世界各地で紛争やテロが起きていて、地球上で戦火の絶える日がない」の書き出しで始まる〈しねういーくりい〉は、3年前の02年/通巻49号です。現在も全く同じ状況であることに愕然とさせられます。近年、資本主義、社会主義の差別なく世界首脳が集まる政治的なサミットが開催されていますが、紛争や戦火を消すことはできていません。政治の無力さを痛感させられます。◆日本は、今年戦後60年になります。無条件降伏を受け入れて、戦争を終結させた昭和20(1945)年8月15日から起算してのことです。60年という歳月は、人生では還暦といわれる長い年月に相当します。長い年月は、戦争があったこと、戦争に負けたこと、原爆による唯一の被爆国であること、焼け野原から復興する過程の中で起きた政治的、社会的な様々な出来事を忘却させてしまいます。◆新文芸坐では、8月6日から3週間にわたり、戦後60年企画第5弾として、映画を通して戦後60年の《その時代を検証する》と題して、《戦争を語り継ぐ》《社会の歪を暴く》《“事件”を見る》の三部構成で特集上映いたします。◆エンターテインメントとしての映画を楽しみながら、過去の事実を風化させることなく、映画共々次世代へ受け継がれて欲しいと願っています。今年は、“映画人”による戦争体験を語るトークショーを行ないます。俳優・石濱朗さん、監督・松林宗恵さんが、映画、実生活の体験を語ってくださいます。今の日本の政治、社会の状況を考えるキッカケになればと思います。

— 永田稔


ドキュメンタリー『成瀬巳喜男 記憶の現場』、初日(7/23)迫る!

2005/07/16 — 第120号

成瀬巳喜男監督はフィルムを無駄にしない。予定の上映時間におおよそ収まるように撮影した。編集で切るところはそんなに多くない。成瀬は自ら編集もしたが、直接フィルムを手でたぐりながら見ていく独特のやり方だった。●成瀬の映画人生は最初から順調だったわけではない。’30年代、松竹蒲田撮影所所長・城戸四郎に「小津は二人はいらない」と言われ、東宝の前身、PCLに移籍することになる。成瀬は’40年代にスランプに陥ったともいわれている。’40年に千葉早智子との結婚が破綻したことが影響してか、孤独な成瀬の姿に、誰ともなく「ヤルセナキオ」と呼ぶようになったという。一般に成瀬の復活は’51年の『めし』とされる。だがこの作品とて千葉泰樹監督の代役だったのだ!(スランプ説に対しては、この頃の多くの作品のプリントが長らく失われていたため、誤った固定観念が定着してしまったという説もある)●成瀬はホンを削る。脚本家が書いた台詞にどんどん線を引き、ホンが最初の半分になってしまったこともあった。成瀬は視線や身振りで表現できることを、口では言わせないのだ。これはサイレント時代から映画を撮っていた監督たちに共通する演出作法ではなかろうか。●『成瀬巳喜男 記憶の現場』は成瀬組に参加したスタッフ、キャストたちへのインタビューを一編の映画にまとめたものだ。映画作家・成瀬巳喜男は、体の隅々まで映画の技術が織り込まれた生粋の映画職人でもあったのだ。そしてさらに撮影の玉井正夫、照明の石井長四郎、美術の中古智といった名人が成瀬を支えた。●日本映画黄金時代の、芳醇な、むせかえるような匂いが蘇える。

— 矢田庸一郎


まんすりいコラム

2018/09/27
途中入場のルール改変などについて
2018/08/23
『ブロウアップ ヒデキ』、1975年の少女たちへ
2018/07/31
ショーシャンク事件に、感謝。
2018/06/29
新文芸坐、全面禁煙化への動き
2018/05/28
贅沢な日常
2018/03/28
新文芸坐友の会 入会・更新料の変更のお知らせ

年別アーカイブ