まんすりいコラム:2009年

映画ファンが考えた2本立て

2009/12/01 — 第208号

新文芸坐では7月中にご来場のお客様から、2本立ての番組案を募集いたしました。延べ902番組の応募があり、その中から7番組を選ばせていただきました。上映は12/6(日)〜12(土)です。どんな作品にリクエストが多かったのか、みなさんも興味があることと思います。そこで人気の高い作品を少しお知らせしましょう。■まず票数の多い作品から。1位「七人の侍」、2位「東京物語」、3位「砂の器」、4位以下は「グラン・トリノ」、「アマデウス」、「浮雲」、「おくりびと」、「黒部の太陽」、「荒野の七人」、「二十四の瞳」と続きます。外国映画はタイトルが多く票が分散してしまい、上位は日本映画が多くなりました。■次は組み合わせです。1位「七人の侍」&「荒野の七人」、2位「銀嶺の果て」&「わが谷は緑なりき」、3位以下は「ダウン・バイ・ロー」&「ストレンジャー・ザン・パラダイス」、「五瓣の椿」&「いのちぼうにふろう」、「黒部の太陽」&「栄光への5000キロ」、「千と千尋の神隠し」&「崖の上のポニョ」、「晩春」&「東京物語」、「用心棒」&「荒野の用心棒」です。実を申せば1位の組み合わせで7票、3位以下は3票未満という内容で、非常に分散した開票結果となりました。■リクエストをいただいた作品はその多くが時代を越えて後世に残るものばかりです。現に、何十年も前の作品が、今もスクリーンでの上映を望まれているわけです。しかし残念ながら上映不可能な作品もあり、また興行という観点からも、票数の多かった番組をそのまま上映できないことをお詫びいたします。また、投票期間中に何度もご来場いただいて投票していただいたお客様に、感謝申し上げます。

— 関口芳雄


「錦之助映画祭り フィナーレ」開催迫る!

2009/11/01 — 第207号

「錦ちゃん」や「錦兄(きんにぃ)」の愛称で、映画ファンだけではなく、俳優仲間に映画監督、撮影スタッフに至るまで、多くの人々に愛され慕われた名優・中村錦之助。今年の3月10日のご命日は、その錦ちゃんの十三回忌でした。そして今度の11月20日は、ご存命であれば喜寿となる錦ちゃんの77回目の誕生日です。●当館では11月8日より「生誕77年記念 錦之助映画祭り フィナーレ」を行います。「パート1」は、ご命日を挟んで2週間お送りしました。「パート2」は4月と6月に京都にて。そして今回はいよいよフィナーレ。●「パート1」では、古くからの錦ちゃんファンは勿論、初めて錦之助映画を見て、その人情味溢れる男っぷりにすっかり虜となった若い女性など、本当に多数の方に楽しんでいただきました。中には「地方なのでホテルに泊まり込んで通いたいのだが近くのホテルを教えてください」といったお問い合わせも。まさに日本全国の錦ちゃんファンが一堂に会したような賑わいでした。●今回はなんと「ゆうれい船」などフィルムが無いため見ることができなかった幻の錦之助映画5本のニュープリントを、「錦之助映画ファンの会」が寄付金を募って製作しました。また東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵の貴重なフィルムで「勢ぞろい 喧嘩若衆」など8本を上映するなど、前回を越える充実のラインナップとなっています。●フィナーレを飾るにふさわしい豪華ゲストによるトークショーも決定しました。名匠・沢島忠監督をはじめ、丘さとみさん、円山榮子さん、北沢典子さん、宮園純子さん、渡辺美佐子さん、そしてさらにさらに、錦ちゃんの奥様であられた有馬稲子さんといった、錦ちゃんと共演した名女優たちに、錦ちゃんの人間味溢れる生の姿を存分に語っていただきます。乞うご期待!

— 矢田庸一郎


『アラビアのロレンス』ふたゝび……

2009/10/01 — 第206号

『戦場にかける橋』の成功後、監督のデヴィッド・リーンとプロデューサーのサム・スピーゲルは、さらに壮大なスケールのドラマを映画にするべく主人公として選んだのが、トマス・エドワード・ロレンス。第一次大戦中、ドイツに通じるオスマン・トルコの圧政下にあったアラブの反乱を支援した、実在の人物である。イギリス人でありながら、たった独りでアラブ人の中に身を置き、ゲリラ戦を指揮した“伝説の”英雄なのだが……。■見どころは何といっても、その映像美。スコープ画面いっぱいに広がる砂漠に圧倒され、そして魅せられてしまう。もちろん、ミニチュアやCGなどは一切無し。まさに「映画とはこれだ」といわんばかりの名作中の名作。■さて、『アラビアのロレンス 完全版』。当館では、2003年に上映していますが、完全版の日本公開時(1995年)にプリントされたフィルムでの上映でした。今回は、監督の生誕100周年記念と銘打って、昨年末にリバイバル上映されるのを機に、ニュー・プリント版となりました。未見の方はもちろんですが、劇場で観たことのある方も、今一度スクリーンで御堪能ください(スペシャルデイズにつき友の会入場ポイント2倍!)。■最後に、今年3月29日に、音楽を担当したモーリス・ジャールが亡くなりました(享年84)。昨年11月の大阪ヨーロッパ映画祭で名誉委員長としてに来日し、会見で製作エピソードなどを語ったばかりでした。アカデミー賞にも輝いたメロディーも忘れられません。

— 矢田庸一郎


『新文芸坐落語会』始まる!

2009/09/01 — 第205号

落語界で当代人気、実力№1の柳家小三治の日常を撮ったドキュメンタリー映画『小三治』を上映することになり、ご当人にゲスト出演を打診したところ、「映画との絡みでの出演は断るが、落語会だったら出ても良い」との返事であった。◆文芸坐時代には、小三治師匠も出演した『文芸坐金曜落語会』を、1978(昭和53)年から15年間開催していたし、新作落語の会『応用落語』は閉館まで続けた。小三治師匠は、今でも続いていると誤認しているのかも知れないが、“瓢箪から駒”急遽、落語会を復活することにした。『第一回 新文芸坐落語会』は、9月27日(日)午後7時に始まる。◆ドキュメンタリー映画『小三治』は、映画にも出演している小三治門下の柳家三三の出演で、「映画を語る 師匠を語る 落語を演る」というライブを付加して上映する。三三は、若手落語家の中で本格派実力№1と評価の高い真打で、こちらは9月23日(水)午後7時の開演である。◆映画ファンに通い慣れた映画館で、一流落語家の熟練した話芸、〔生〕の魅力を堪能してもらいたいと思う。これを切っ掛けに、“看板”と言われる人気、実力のある落語家の出演による落語会を月1回開催していきたいと思う。また、映画とトークショーのイベントなども企画している。(10月にみうらじゅん来館予定)◆江戸時代の寄席は、銭湯や髪結い床と同じように身近な町内にあり、日常生活に欠かせない社交場であったという。新文芸坐も、新作、旧作の邦画、洋画の上映がメインであるが、落語会、トークショーなどのライブを織り交ぜた多様なラインアップを編成して、多くの人々の耳目を集める“娯楽の発信拠点”として魅力溢れる映画館にしていきたいと考えている。

— 永田稔


正気な人たちのサバイバル映画『ミスト』

2009/08/01 — 第204号

8月28日に「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」を上映します。太平洋戦争末期の硫黄島の激戦を背景にした作品です。この硫黄島の戦いが始まったのは1945年2月19日でした。●その後、4月1日には米軍の沖縄上陸が始まります。日本人18万人以上の死者を出したこの戦いは6月23日に終結します。●7月26日ポツダム宣言。8月6日広島、9日長崎に原爆が投下され、遂に15日のお盆の日、日本人600万人以上の死者を出した大戦は終了しました。●当館では毎年8月に戦争や歴史などを考える特集上映を行ってきました。今年は16日より開催します。●18・19日は戦争の時代に生きた人々を慈愛に満ちた視線で描いた黒木和雄監督の「父と暮らせば」など4本を上映。’06年に亡くなった黒木監督を偲びます。●今年は戦後混乱期、国鉄総裁が謎の死を遂げた下山事件から60年。真相は未だ闇の中、冤罪説も根強い帝銀事件から61年。両事件の真相に迫った熊井啓監督が亡くなってからもう2年が経ちます。この2作品は20日に上映します。●名優・緒形拳さんが亡くなったのは去年の10月5日でした。’06年に亡くなった巨匠今村昌平監督と緒形さん、おふたりの代表作「復讐するは我にあり」「楢山節考」は24日。「北斎漫画」では北斎を、「火宅の人」では壇一雄を、緒形さんが独特の存在感で演じ切った両作品は25日に上映です。●日本と世界で今を生きる人々を描くドキュメンタリーは4本。セネガルのバオバブの木と少年の交流を描く「バオバブの記憶」。中国・長江に生きる人々「長江にいきる」「いのちの作法」(キネ旬4位)は岩手県沢内村のある実践の模様を。木更津市で里山保育を受ける子供たちの元気いっぱいの姿を描く「里山っ子たち」(同3位)。●期間中はゲストをお招きしトークショーも開催します。是非ご来場ください。

— 矢田庸一郎


マルハン“7のチカラ”キャンペーン

2009/07/01 — 第203号

7月はお楽しみがいっぱい! 3つのお得なキャンペーンにぜひご参加ください!!

★話題の新作映画の劇場鑑賞券を抽選でプレゼント!
⇒7月7・17・27日に入場・応募された友の会会員様より、抽選で77名に話題の新作映画の劇場招待券をプレゼント!
※詳細はご入場時にお渡しする応募用紙をご覧ください。

★新文芸坐の番組(プログラム)をつくろう!
⇒応募案から7番組を選出し、12月の開館9周年番組で上映します。採用番組の立案者は9周年番組全日程ペアでご招待!
⇒さらに、お客様の人気投票1位に輝いた番組の立案者は2010年中の毎月7・17・27日にペアでご招待!!
※詳細は入場時にお渡しする応募用紙をご覧ください。
※7月中のご入場1度につき、1回応募可能。番組立案者が複数の場合は抽選になります。

★ご家族・ご友人に友の会を紹介して2ポイントもらおう!
※入会する方と紹介者(会員)は一緒にご来場ください。
※新規ご入会のお客様は通常のポイントのみとなります。

— スタッフ


CG映画雑感

2009/06/01 — 第202号

CG映画の先駆け、金字塔となった1982年のSF映画『トロン』。主人公がコンピューターの中の世界に迷い込むのですが、シンプルかつグラフィカルなコンピューターの世界は、当時のCG技術の限界を考慮した上で、最大限の効果を見せるようシド・ミードによりデザインされました。当時生物や自然現象など複雑なものを描くのはほぼ困難(かつこの映画では不要)なのであのようなデザインとなったのですが、引き算の美学を有し、いまやクラシカルな趣さえ感じられます。●最新のCGの成果『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』ではブラッド・ピットの容姿を老人から若者まで変化させました。世代ごとに首から下を別の役者に演技させ、後でブラッド・ピットの顔にすげ替えていました。といっても彼の顔を元にしたCGの顔。ついにCGが生身の人間の役にとって替わるようになりました。が、製作には様々な表情、角度から撮影された膨大な量のブラッド・ピットの情報を使い、更にコンピューターに作らせた動きのままだと不自然な為、アニメーターが自然に見えるよう瞼や顔の筋肉の動きにかなり手を入れているようで、「生身の人間がCGに置き換わる」なんてことはそう簡単にはいかないようです。しかし「不気味の谷」(酷似してくるとちょっとした違いにより不気味に感じる現象)を乗り越えた初の映画として記憶されることでしょう。(別撮りした顔をそのまま使えないのは現場のカメラも胴体の役者も常に動いているため)●さて『トロン』の続編『TRON2.0』の製作が発表されました。CG技術は82年の当時から随分遠くに来てしまいましたが、前作のシド・ミードデザインの「味」がなくならないことを切に祈ります。

— 梅原浩二


新文芸坐友の会のススメ

2009/05/01 — 第201号

“新文芸坐友の会”の入会金2000円、これは高いのか、安いのか? を考えて見ましょう。

一般と友の会で、それぞれn回ご来場した場合の合計金額を式で表します。一般の方は、毎回1300円の入場料で、1300×n円。友の会に入会すると、入会金2000円で招待券1枚プレゼント、2回目以降は1000円なので、2000+1000×(n-1)円です。
そして 1300×n > 2000+1000×(n-1)の不等式を解いてみればわかりますが、
n>3.33・・・ つまり4回以上のご来場で、友の会がお得ということになります。年に4回以上ご来場されるなら、入会金は安いというのが結論です。

当館では5/4(月)より「名匠 小津安二郎」特集を上映いたします。この特集は特別料金で、一般の方は1500円となりますが、友の会料金は据え置きです。この条件で上記と同様の不等式を解くと、2回で同じ、3回目からは友の会の方がお得ということがわかります。

シニアの方はもともと入場料が1000円ですので、入会しても入場料は同じです。しかし入場ポイントが10ポイントで1回無料入場できますので、シニアなら12回が損得の分岐点です。また新文芸坐は上映作品が多く、個々の上映日がとても短いので、どうしてもインターネット等で今後のスケジュールを知っておかないと不便です。日替わり番組を新聞で当日に知っても遅いとうい方、インターネットが苦手な方こそ、友の会にご入会ください。ご希望の方にはスケジュールを毎月郵送しております。

お得な新文芸坐友の会に、ぜひご入会ください。友の会の詳細はご案内チラシをご覧になるか、スタッフにお問い合わせください。

— スタッフ


チケット完売の前に

2009/04/01 — 第200号

情報格差ということばがあります。持っている情報量の多寡によって生じる“情報強者”と“情報弱者”の間の格差のことです。現状では、インターネットをはじめとするデジタル情報機器を使いこなせているか否かで決まる部分が多いようです。私はといえば、一応インターネットは使える環境は持っていますが、生来が不精気質で、決して情報強者とはいえない状況です。■ところで映画ファンの皆さんはどこで映画情報を得ているのでしょうか? 新文芸坐で働いている私個人の見解ですが、インターネットを使わないという人は意外に多いと感じています。当館は高齢者のファンが多いので仕方ないかもしれません。しかし電話で上映時間の問合せをされるお客様も多く、そのほとんどはおそらくネットユーザーではないでしょう。■しかしインターネットなんか使わなくても、映画の情報はいくらだって手に入ります。皆さんが今読んでいる“しねまんすりい”をはじめとしたフライヤー(チラシなど)や、映画情報誌、電話など、他にも手段はあるわけです。媒体が何かは重要ではない。マメなチェックと映画愛さえあれば、重要な映画情報を見落とす心配はないのです。■ところで毎年GW恒例の「ロード・オブ・ザ・リング」三部作一挙上映、今年は5/2(土)夜と5/3(日)昼の2回上映です。この三部作一挙上映はとても好評で、過去に前売で全席完売したこともあります。遅れて上映を知ったお客様からの問合せに“売り切れです”というのが辛かったものです。もし皆様の周りに“去年はチケット完売であきらめた”という方がいたら(いるはずです!)、どうぞ早めに教えてあげてください。前売は3/18(水)発売、全席指定です。

— 関口芳雄


大相撲初場所雑感

2009/03/01 — 第199号

大相撲は、長い歴史を持つ伝統文化を継承しているスポーツであるので、最高位の横綱の行動、言動は、伝統と慣習に基づくことが求められる。今年の初場所は、過去に横綱として品格を問われていた朝青龍が、三場所振りに出場するということで話題になった。場所前のマスコミの論調は、「体調、稽古不足で勝てないだろう」、「黒星が先行するなら序盤にも引退することだろう」と、断定的な記事で占められていた。◆そんな状況の中で初日には、朝青龍の負ける瞬間を見届けるためと、「朝青龍ガンバレコール」の同情的な声援を送るファンが、国技館に足を運び、テレビのチャンネルを合わせた。100年に1度の世界同時不況の世間がウソのように連日満員御礼の垂れ幕が下がり、視聴率は上った。◆しかし、朝青龍は前評判に反して勝ち続けたため、ファンはその強さに対して一転してブーイングを起こし始めた。一方、それまで品行方正で朝青龍の陰に隠れて目立たなかったもう一人の横綱白鵬に対する声援が、日に日に大きくなり千秋楽には「白鵬コール」が場内に轟いていた。15日の短期間の内にファンの声援が、序盤は朝青龍へ、終盤は白鵬へと劇的に変わっていった。興行者としては、初場所のお客様の変わり身の素早さを記憶に留めておきたいと思う。◆初場所の興行の成功は、白鵬と朝青龍の横綱2枚看板が揃って千秋楽まで競い合ったことであるが、個性豊かなキャラクターを持ち、実力を兼ね備え、敵役・悪役の役割を担った朝青龍の存在がより大きいと思う。映画の場合のキャスティングでは主役も大切であるが、敵役・悪役・脇役に確かな役者が配役できれば、観客の満足する作品が生まれ、興行的にも成功することを暗示している初場所であった。

— 永田稔


金融危機とアメリカ映画

2009/02/01 — 第198号

アメリカ映画の低調ぶりは日本での「入り」の悪さに限らないようです。高騰しすぎたスターのギャラ、ヒット狙いの為に無駄に大作を装いCGなどで高騰する制作費。二番煎じのシリーズ物やリメイクの乱用、リスクを恐れ毎度同じ俳優ばかりを使い若手を育てることを怠ったことなど、観客に飽きられ、自らの首を絞めるようなことを続けてきた結果ですが、金融危機のせいでさらに冷え込む恐れがあります。勿論アメリカにはこれを機に「低予算でもいいものを作る」という状況に変化していくぐらいの逞しさはあるはずなので、今後に期待が持てることでしょう。●ただ個人的には特撮とか大作とかも嫌いではないので、そういう映画が減ってしまうのは残念です。しかしもっと問題なのは現在大作とされる映画のCGでも技術的に飽和状態のような感があることです。何を見ても「まぁCGならこれくらいの映像が作れるのだろうな」で終わってしまいます。見慣れすぎているせいもありますが、技術的な問題が大きいように思います。技術にはどういう画で何を見せるか(あるいは見せないか)という映画を作る上での技術(演出)と、ハードやソフトなどの純粋な技術の二つがあります。前者は「腕」や「工夫」で乗り越えられる技術ですが、後者は金をかけた大作でも「他と似たような画(質感や動き等)」を見せられてしまう状況なので、本当に「技術的」なブレイクスルーがないと駄目なような気がします。●無論改善されていく事だとは思いますが、ハリウッドではブレイクスルーは3Dだと思っているようなので、私の思惑とは違う方向へ向かいつつあるような気も・・・・・・。ここはやはり脚本や役者の魅力で魅せる低予算の映画に期待、ということでしょうか。

— 梅原浩二


あけましておめでとうございます

2009/01/01 — 第197号

旧年中は、ご愛顧いただき心より御礼申し上げます。

本年も、〈感動はスクリーンから〉をモットーに、皆様が映画を通して感動、興奮するような、心豊かになる番組を提供していきたいと考えております。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2009年1月1日

新文芸坐
矢田庸一郎 関口芳雄 永田稔
梅原浩二 花俟良王 後藤佑輔 菊地壮馬 柳原弘
佐野久仁子 高橋悦子 高橋夏枝 釘宮あかね 金井綾子

— スタッフ一同


まんすりいコラム

2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー
2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス
2020/01/01
明けましておめでとうございます
2019/12/30
贅沢すぎる映画納め

年別アーカイブ