まんすりいコラム:2010年

映画ファンの皆様、本当にありがとうございます!!

2010/12/16 — 第221号

お陰さまで新文芸坐は今年10周年を迎えました。映画ファンの皆様には本当に熱く御礼を申し上げます。●新文芸坐の開館は2000年12月12日。オープニング特集は「戦後日本映画—時代が選んだ86本」と題して、キネマ旬報ベストテンの上位の作品や、また各年のヒット作品、総数86作品を日替わりで上映しました。12日のオープニング上映作品は昭和29年(1954年)のキネマ旬報第3位『七人の侍』。ちなみにその年は木下恵介が『二十四の瞳』『女の園』で1位2位を独占しました。●今年、10月に「2000年〜2009年の映画の中からもう一度観たい映画」をお客様に投票してもらいました。その結果の上位の作品を開館記念日の12日より特集上映いたします。初日は第12位の「愛のむきだし」を上映し園子温監督のトークショーを行います。そして見事第1位に輝いたのは内田けんじ監督『運命じゃない人』! この作品は14日に上映し勿論、内田けんじ監督のトークショーも開催します。●10年といっても一つの通過点に過ぎません。そして今、映画を取り巻く環境は決して順風とは言い難いと思います。一握りの大作映画のヒット作品だけが話題となり、大多数の中小の映画会社や映画館は非常に厳しい状態で営業を続けていると思います。またデジタル技術の進化に押され、フィルム上映の美しさや、その価値がどんどん忘れられつつあります。10年後には『七人の侍』はデジタル上映でしか見られないという状況が本当に来るかもしれません。●そのような中にあっても新文芸坐はこれからも日々、映画ファンの皆様に支持される映画館作りに励む所存です。●映画ファンの愛、そして映画への愛。これが新文芸坐のこれからの10年の基本精神であり、判断基準です。●今号より「しねまんすりい」は月二回発行とします。以前に較べて、より早く皆様に上映情報をお届けすることができるようになります。どうぞ、ご期待ください。

— 矢田庸一郎


"00年代"もう一度スクリーンで観たい映画はこれだ! 結果発表

2010/12/01 — 第220号

12/12(日)〜17(金)で上映いたします「"00年代"もう一度スクリーンで観たい映画はこれだ!」の投票結果を発表いたします。

1位 「運命じゃない人」 35票
2位 「たそがれ清兵衛」 33票
3位 「ダークナイト」 31票
4位 「グラン・トリノ」 28票
5位 「マルホランド・ドライブ」 24票

以下は、6位「ノーカントリー」「犬猫」、8位「殺人の追憶」「百年恋歌」「ナビィの恋」「青の稲妻」、12位「愛のむきだし」「ラスト サムライ」「戦場のピアニスト」、15位「ミリオンダラー・ベイビー」「フォーン・ブース」「パッチギ!」「"アイデンティティ"」「下妻物語」、20位「善き人のためのソナタ」「剱岳 点の記」「沈まぬ太陽」…と続きます。この中の太字の作品を上映いたします。「運命じゃない人」の内田けんじ監督、「愛のむきだし」の園子温監督のトークもございますのでお楽しみに。

当初は14作品を上映する予定でしたが、本数が少なくなったことをお詫び申し上げます。また、順位の高い作品でも、少人数による大量票だけの作品は上映リストから外させていただきました。何卒ご容赦ください。ただし1票は1票として、上位20位までを発表させていただきました。

また好きな監督・男優・女優は、それぞれ黒澤明市川雷蔵(圧勝)、高峰秀子でした。皆様、予想は当たりましたか? 全710票の中で、この3人の名前を1枚の投票用紙に書かれた方は、何と1名様のみ! 2人だけ的中された投票は42票ありましたので抽選になりますが、合計10名様に12月中有効のご招待券をプレゼントいたします。皆様、ご投票ありがとうございました。

— スタッフ


10周年企画のご案内と前売1回券廃止のお知らせ

2010/11/01 — 第219号

新文芸坐は今年の12月に、10周年を迎えます。これを記念して、今年もお客様からの投票をもとにした上映を企画しています。今年は当館10周年ということで、オープンした2000年から2009年までに公開された映画を対象にリクエストを募集しています。洋画・邦画は問いません。なお締め切りは、当初10月20日を予定していましたが、少し延長して10月24日締め切りといたします。集計の結果、人気上位の作品から14本をセレクトして上映いたしますのでご期待下さい。また監督と俳優の人気投票とその予想も募っています。1位人気を的中させると12月の本特集中有効のご招待券をプレゼントいたしますので、ふるってご投票・ご応募ください。

もうひとつお知らせです。当館では上映番組の前売券を必ず販売してまいりましたが、今年の12月の上映番組からは基本的に前売券1回券を廃止いたします。前売券(1回券)をご利用になるお客様の数が少ないことと、サービスを分かりやすくすることがおもな理由です。ただし特集上映の回数券と、オールナイト・落語会の前売券は利用頻度が高いので、今後も存続いたします。今まで前売券(1回券)をご利用いただいたお客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。今後は新文芸坐友の会にご入会すると、とてもお得です。詳細は劇場スタッフにお問合せください。

— スタッフ


市川雷蔵映画祭、遂に開催!!

2010/10/01 — 第218号

孤高の美形スター、市川雷蔵は1931年京都に生まれます。生後まもなく歌舞伎俳優、市川九団次の養子となり、15歳のときに大阪歌舞伎座で初舞台を踏みます。映画デビューは『花の白虎隊』、23歳の時でした。159本もの映画に出演した後、’69年、37歳の若さでこの世を去ります。●昨年末より都内のロードショー館にて、市川雷蔵没後40年回顧上映会(「大雷蔵祭」)が始まりました。その後、地方の都市でも順次、開催され、ようやくこの秋、当館での上映となりました。●10月13日(水)より2週間、数ある作品の中より28作品を上映いたします。ほとんど市川雷蔵ベスト・セレクションといった趣になっています。●ニヒルでクールな雷蔵。哀しみに包まれる雷蔵。そして運命に囚われ奈落に落ちる悲劇のヒーロー雷蔵。そんな雷蔵の美の極致とも言うべき姿が2週間オンパレード。『好色一代男』と『忍びの者』のあるシーンを除き、雷蔵ほとんど笑いません!(←ちょっと大袈裟?)●伊藤大輔、森一生、三隅研次、市川崑、増村保造といった巨匠たちが勢揃いしたラインナップですので、大人が楽しめる充実のストーリー、絢爛豪華な撮影や美術、そして緻密かつ粋な演出の数々など、日本映画黄金時代ならではの、映画の見所が満載です。●本当に全作品、何度見ても面白い映画ですが、個人的に特に印象深い作品は『大菩薩峠』と『婦系図』ですね。どちらも何度も映画化された名作ですが、雷蔵版が私は一番だと思います。妖刀に取り憑かれ人斬りを繰り返す雷蔵の姿に息を呑みます。震えるほど美しい『大菩薩峠』。身分違いゆえ引き裂かれる恋人二人の姿を描いた名編『婦系図』。ボロボロになるほど泣けますよ!

— 矢田庸一郎


ご存じですか? 多彩な割引サービス実施中!

2010/09/01 — 第217号

当館ではよりお得に映画をご覧いただくため、様々な割引サービスを行なっております。まず、どなたでもご利用いただけるのが(1)“映画サービスデー”。これは12/1の映画の日の割引が拡大したもので、毎月1日の映画サービスデーは全国ほとんどの映画館が割引料金1000円になります。そして(2)が“夫婦50割引”。これも(1)と同じくほとんどの映画館でご利用できる割引で、どちらかが50歳以上なら、夫婦で2000円になります。そして(3)は“bukuの日”。毎月29日は、池袋の映画館で発行している無料冊子“buku”をご持参の方は1000円になります。これは池袋限定の割引で、この冊子は各映画館と近隣のお店や施設に設置しています。詳しくは“buku”をご参照下さい。次号は9月末発行の予定。(4)は“7のチカラ”。これは当館独自の割引で、毎月7のつく日(7・17・27日)に特定の条件を満たした方は777円でご覧いただける、もっともお得な割引です。この割引の条件は毎回異なり、例えば9/17は「月形龍之介と同じ3/18が誕生日の人」が割引の対象となります。そして最後の⑤は“モーニングコーヒー割引”。初回の上映開始前までは通常200円のコーヒーが150円になります。この割引は毎日行なっておりますので、是非淹れたてのコーヒーでの憩いの一時と共に映画をお楽しみ下さい。■この他にも「新文芸坐友の会」会員の方向けのポイントサービスとして、入場ポイントが2ポイントになる“新文芸坐スペシャルデイズ”や、DVDなど指定商品をお買い上げの場合のポイントサービス、オールナイトや新文芸坐落語会チケット購入でのポイント加算なども行なっております。このように多岐にわたる割引サービス・ポイントサービス、うまく利用してお得に映画を御覧下さい。

— 後藤佑輔


内田吐夢監督—韓昌祐マルハン会長—新文芸坐の因縁

2010/08/01 — 第216号

内田吐夢監督没後40年追悼上映のゲストに韓昌祐マルハン会長が来館しますのでご紹介いたします。韓会長は、新文芸坐を傘下に置く年商2兆円超の株式会社マルハンの創業者で、実業家として日本国内ばかりでなく、韓国、アメリカ、東南アジアなど国際的に活躍する傍ら、文化財団の理事長、交響楽団の理事など文化、芸術の振興、普及、発展に貢献しています。◆内田吐夢監督は、昭和29(1954)年満洲から帰国して、胃潰瘍治療のため国立第一病院に入院しました。一方、大学生の韓会長も“食よりも映画”の生活が原因で、栄養失調から肺結核を患い同じ病院に入院したことで、監督と知り合いになりました。詳しい話は舞台からお聞きいただきたいと思います。◆韓会長の自伝によると、大学時代に観た映画で印象深い作品として、ロッセリーニ監督の『戦火のかなた』、デ・シーカ監督の『自転車泥棒』を挙げ、エリザベス・テイラー主演の『ラプソディー』では、カーステレオから流れるメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲に驚き、感激し、言葉では表現できない程感動したと述懐しています。◆入院を余儀なくされた韓青年は、病床での読書三昧、クラシック音楽を聴く日々から、人生を豊かにする生涯の趣味に出会い、教養、知識を吸収し、既に映画監督として高名であった内田吐夢監督と出会いました。韓会長の文化、芸術に対する造詣の深さは、大学時代に芽生えていたと考えると、新文芸坐の復活、再興の英断も納得できます。◆今回の企画を監督の次男・内田有作氏からのご案内で知った韓会長は、「ご縁だから」と来場を即決しました。内田吐夢監督—韓昌祐マルハン会長—新文芸坐の繋がりは、半世紀前に端緒がある浅からぬ因縁に驚いています。

— 永田稔


1 / 3123

まんすりいコラム

2017/02/22
「新文芸坐ベストテン2016」発表!!
2017/01/30
東京アニメアワードフェスティバル2017
2017/01/01
明けましておめでとうございます
2016/11/24
12月は開館記念日と「シネマ・カーテンコール」
2016/10/26
昔のスタア 昔の映画
2016/09/29
映画よ。また、よろしく。

年別アーカイブ