まんすりいコラム:2012年

映画スター高倉健の履歴書

2012/09/16 — 第263号

映画俳優・高倉健の6年振りの主演作品『あなたへ』が公開されている。映画『あなたへ』での健さんは、先立った妻が遺した手紙によって、富山から長崎平戸に旅を続ける夫役を演じている。スクリーンの中の健さんは、圧倒的な存在感で飽くまでカッコ良く撮られているが、野菜を刻み、イカを洗い、ハンドルを握る手の甲に無数のシミが映される。■健さんファンにとっては、イメージを損なうシーンではないかと思った。しかし、健さんが主演した『網走番外地』『八甲田山』『南極物語』では、極寒の地で雪にまみれ、吹雪にさらされ、『単騎、千里を走る。』では中国の砂漠の辺境の地で灼熱の太陽に焼かれ、砂嵐にさらされている。健さん自ら選んだ?過酷な条件のロケーションが手の甲のシミに現れている。手のシミは、健さんの履歴を物語る誇り高き勲章に値する。■下町に住んでいると、手の五本指が親指と同じ太さの職人、グローブのように大きく分厚い手の職人を見かける。米、英国では、手先の技術が下手で不器用なことを「All Thumb=オール親指」という隠語があるが、我国の職人の武骨な手は、歴史が刻み込まれ染みこんだ勲章である。『男の顔は履歴書』(66年、加藤泰監督)という映画があったが、職人、健さんにとっては、「男の手は履歴書」である。■健さんが雑誌のインタビューに答えて、「じじいなんだけど、自分にはそんな自覚はありません。声がかかる限り仕事はします。長く生きているものとして、経験も感謝も恨みも、伝えていきます。」と言う。寡黙で知られる健さんが、『あなたへ』の宣伝のために、不似合いなTVに出演したことは、今後の布石だったのである。日本映画最後のスター高倉健の前向きな姿勢を敬愛し、次回作にも期待しよう。

— 永田稔


圓朝まつり〜新文芸坐落語会3周年!!

2012/09/01 — 第262号

■先日、谷中で行われた落語協会主催の「圓朝まつり」に行って来ました。お目当ては何と言っても柳亭市馬さんの歌謡ショーですが、その他にも芸人さんたちによる様々な屋台が出ていたりとお楽しみがいっぱい。会場内は落語ファンで大変な賑わいでした。そしてそのあとは続けて、池袋演芸場8月上席・昼の部(主任・柳家小三治)を4時間立見で聴くという落語漬けな夏の休日を過ごしてみました。■さて、そして新文芸坐落語会もこの9月で三周年を迎えます。そこでこれからの番組を一挙にご紹介!! まず9月13(木)は「上方のマシンガン落語 桂雀々VS東の爆笑派若手 文左衛門・百栄・風車」と題しまして、上方落語の雄、桂雀々を東京で注目の若手、橘家文左衛門・春風亭百栄・鈴々舎風車が迎え撃ちます。10月16(火)は「柳家一門の爆笑派」と題しまして、五代目柳家小さん門下、落語界最大の一門である柳家の中でも特に柳家権太楼、柳家喜多八、柳家甚語楼、柳家さん弥と柳家きっての爆笑王が勢揃い!! そして11月13(火)は「アンコール!!番外編 演芸アラカルト 必見!お笑いパフォーマンス」と題しまして、ひとりコントのモロ師岡、語りの山田雅人、コント&シンガーソングライターのオオタスセリ、時事漫談のパントマイマー・松元ヒロ、歌うスタンダップ・コミック・寒空はだかといずれも芸暦30年のベテランばかり。テレビなどではお目にかかれない生の舞台の魅力を体感していただけます!■ざっとご紹介した通り、新文芸坐落語会はこれからも毎月一回、飛びきりな笑いを提供していきます。千客万来!! 皆様のお越しをお待ちしています〜。

— 佐野久仁子


シニアのお客様にスケジュール表を実費で郵送します

2012/08/16 — 第261号

当館には「新文芸坐友の会」という割引制度があることは皆様ご存知でしょう。映画を数多く観る方には大変お得です。詳細はこのスケジュール表のオールナイト欄の下をご覧下さい。■一般のお客様にとっては、年に4回以上のご来場で入会金の元が取れてしまうという「新文芸坐友の会」はとてもお得です。しかし友の会料金と入場料金が同じシニア(60歳以上)のお客様にしてみるとそれほど恩恵がないと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。シニアのお客様が入会金の元を取るには、年に12回のご来場が必要となります。シニアでも常連のお客様にとっては入会した方がお得なのですが、それほど頻繁にはご来場されない方もいらっしゃるでしょう。そこで当館では、友の会への入会はせず、スケジュール表のDMだけ郵送して欲しいという要望にお応えすることにいたしました。

  • 12ヶ月間、友の会会報しねまんすりいを郵送いたします。
  • 実費(切手代50円×12ヶ月=600円)を頂戴いたします。
  • 60歳以上の方のみとさせていただきます。

ご希望の方はスタッフに声をおかけ下さい。

— スタッフ


イギリス映画、サッチャーの影

2012/08/01 — 第260号

皆さんがこの拙文を読んでいる頃には、もうロンドン五輪が開催されているかと思います。盛り上がってますか? ということで今回もまたイギリス映画について。■最近の英国映画は元気です。昨年公開の「ゴーストライター」や「英国王のスピーチ」は当館で上映したときも大変好評で、やはり新文芸坐のお客様にはオトナの映画が人気があるなぁと独りごちたものでした。今年公開の映画では、サスペンスの傑作「裏切りのサーカス」が★★★★。やんちゃだったあのゲイリー・オールドマンが“静”の演技でアカデミー主演男優賞にノミネートだなんて、隔世の感があります。ゲイリー・ファンとしては嬉しくもあり、また寂しくも。■今年の春には「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」なんてのもありました。この映画が曲者です。サッチャリズムなんて歴史といえるほど古くはなく、まだ湯気の立っている史実です。英国首相在任中、経済危機に際して大ナタを振るい財政を立て直したことは、功罪の“功”といえるでしょう。ユーロ危機の今、仏・独が大国として苦悩する姿を“対岸の火事”的に見ていられるのも、英国をユーロ圏に入れなかったサッチャーの手柄かもしれません。フォークランド紛争、英国人にとってはこれも“功”か。しかしひと昔前の英国映画を見る限り、サッチャーには多くの庶民の暮らしに打撃を与えたという“罪”の印象しかありません。■ちょっと古くなりますが、映画「ブラス!」には職と家族を失い自殺してしまうトロンボーン奏者が出てきました。手元のパンフを見ると、自殺の遠因はサッチャー在任中の1984年のストライキによる借金という設定です。他に「リトル・ダンサー」「フル・モンティ」「トレイン・スポッティング」などでの労働者たちの姿を思い出し、スクリーンに映る名女優メリル・ストリープが憎たらしく思えてきます。野田首相の大ナタも日本を救うことにはなるのでしょう、恐らく。しかしトロンボーン奏者の悲劇だけは見たくはないです。

— 関口芳雄


特撮の神様の影に隠れて

2012/07/16 — 第259号

手元に『特撮映画美術監督 井上泰幸』(キネマ旬報社・刊)という重厚感ある書籍がある。当初このタイトルに違和感を覚えた。「特技監督」または「特撮監督」ではないのか? 『ゴジラ』以降の東宝特撮映画で活躍をした井上泰幸、と聞いてもピンとこない。特撮は円谷英二ではないのか?■確かに東宝特撮映画全盛期の多くの「特技監督」は神様・円谷英二である。しかしその指揮の元、文字だけの脚本を頼りに、街並みのデザインと破壊までのプランニングをし、戦争映画の軍艦や戦闘機のミニチュアを如何に本物らしく見せるか苦心し、そしてメーサー車、宇宙轟天、アルファ号などの伝説の戦闘メカデザインまでも手掛けていたのは、井上泰幸を中心とする「特撮美術(特美)」のスタッフたちだったのだ。映画には多くの人間が関わっている、ということは知っている。しかし特技監督の名声に隠れ、特撮美術が如何に重要な役割を果たしているのかは恥ずかしながら知らなかった。本にはアメリカからの取材陣の同様の困惑や、井上を始めとする特美スタッフのフラストレーションも記されている。■万能のCGが全盛の現在、このまま手間のかかるミニチュア特撮はなくなるのか? もちろん(希望を込めて)否と答えたい。日本のミニチュア技術は先人たちの創意と工夫により独自の発展をしてきた文化とも言える。そして精緻さだけではない味がある。■近年、井上泰幸は世界中の映画ファンから正当な評価を受け始めている。アメリカのシネマテークに招かれ講演し、この集大成本も出版された。そして出版を見届けるかのように今年2月、89歳で鬼籍に入った。追悼と伝承の意を込め、ゆかりの方を招いての上映会を企画中です。

— 花俟良王


シニアのお客様にスケジュール表を実費で郵送します

2012/07/01 — 第258号

当館には「新文芸坐友の会」という割引制度があることは皆様ご存知でしょう。映画を数多く観る方には大変お得です。詳細はこのスケジュール表のオールナイト欄の下をご覧下さい。■一般のお客様にとっては、年に4回以上のご来場で入会金の元が取れてしまうという「新文芸坐友の会」はとてもお得です。しかし友の会料金と入場料金が同じシニア(60歳以上)のお客様にしてみるとそれほど恩恵がないと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。シニアのお客様が入会金の元を取るには、年に12回のご来場が必要となります。シニアでも常連のお客様にとっては入会した方がお得なのですが、それほど頻繁にはご来場されない方もいらっしゃるでしょう。入会すべきか悩ましいところですね。■ところで最近は新聞・雑誌・書籍などの紙媒体に元気がありません。時代の趨勢でしょうが、情報誌ぴあの休刊に代表されるように、もはやインターネットを使わない方は映画館の上映スケジュールを知ることもままならないというのが現状です。しかしシニア世代を中心に、「文字は紙で読みたい」と思っている人もまだ多いはずです。そこで当館では、友の会への入会はせず、スケジュール表のDMだけ郵送して欲しいという要望にお応えすることにいたしました。

  • 12ヶ月間、友の会会報しねまんすりいを郵送いたします。
  • 実費(切手代50円×12ヶ月=600円)を頂戴いたします。
  • 60歳以上の方のみとさせていただきます。

7月14日から受付けを開始いたしますので、ご希望の方はスタッフに声をおかけ下さい。

— スタッフ


2 / 4123...最後 »