まんすりいコラム:2012年

東日本大震災から1年3ヶ月が過ぎて・・・

2012/06/16 — 第257号

昨年の3・11東日本大震災から早くも1年3ヶ月が過ぎたが、政治、行政の対応が不適切のためか、復興の速度が異常に遅い。お客様とのロビーでの会話は、映画の話より震災に関する話題が多く、未曾有の災害を憂い、被災地に直接行きたいと話していた。■今年になってからは、原発事故による放射能のこと、夏季の電気のこと、電気料金値上げなどの認識を話すお客様が多くなった。多くの国民が、3・11の当初から気持ちがあるけれど何をしたらいいか分からなかったことが、この1年3ヶ月の間に各々の見解が確立されてきたように思う。■大震災直後は、芸能人たちが被災地に赴き、スクリーン、TV、舞台で知られているキャラクター通りの光景が報道されていた。最近ではタレント自身のキャラクターと相反する”反原発”の立場で、デモに参加する俳優・山本太郎や、歌詞に強烈なメッセージを託す歌手・沢田研二などの本音で発言する芸能人が現れた。■また、あるタレントと放送作家が、福島県いわき市に支援物品を届けるボランティア活動を行なった。甚大で悲惨な被災地に行く現実と、あくまでも自身のキャラクターにこだわるタレントの言動のギャップを、相棒の放送作家が冷静に観察して著した『F(エフ)』(松田健次・著、SALLY文庫)という本になった。■『F』は、多くの国民と同じように大震災直後からの被災地の報道に無力を感じながら、何とかしたいと現実と妄想を繰り返していた情景から始まり、試行錯誤の末に被災地に到着し、目的を達成するノン・フィクションである。大震災直後の被災地の模様が描かれ、被災地から遠い東京の混乱状況も分かり、映画に例えれば「ロード・ムービー」で、弥次喜多道中のような笑いもある楽しい本である。タイトルの『F』の意味を読み明かすと感動的であるのでお勧めする。

— 永田稔


『タイタニック 3D』を見て。(IMAX版です)

2012/06/01 — 第256号

個人的に今まで見た中で最も良かった3Dの劇映画です。97年のご存知『タイタニック』を60週間の製作期間と1800万ドルもの製作費をかけて3D化。さすが現在の3Dの立役者、キャメロン監督が直接携わっただけのこだわりようです。ただ逆にいえば現在2D映画をこれだけのクオリティで3D化するには大変な時間とお金がかかってしまうということでもあります。●劇中ヒロインが船尾から飛び降り自殺をしようとするシーンで、俯瞰で船のデッキと海面が映るのですが、その落差たるや本当にゾッとするほどでした。こういう如何にもなシーンもですが、人物の自然な立体感に感心しました。そもそも映画はカットが変わるたびに巨大なアップになったりロングショットになったりと極めて不自然な視覚体験なので、何が「自然」かは定義ができないと思いますが「3Dであることを意識させつつ不自然ではない」という映像が見られました。映画によっては派手なシーン以外で「これなら2Dでもいいんじゃない」と思うような映画も多かったので、スペクタクルなシーンとそうでないシーンの統一がとれた「全編3D映画」を今回初めて実感したような気がしました。●ただし他の3D映画は駄目だという話にはなりません。何故なら私はこの映画をIMAXで座席は中央、と最も良い条件で見たからです。他の方式で且つ悪い条件で見たら画面は暗いし、チラつくし、白は出ないし、立体感も?等々と今回の印象とは大分違った印象を持ったかもしれません。今まで見た3D映画も環境(方式、劇場、座席位置、光量、個人差等)に大きく左右されている恐れがあるのです。いずれにせよまだ3D映画は全てにおいてまだ過渡期といった感じです。(因みに劇映画以外では『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』が最良かと)

— 梅原浩二


映画ファンなら見逃すな、今村昌平特集

2012/05/16 — 第255号

今年は今村昌平監督の七回忌です。ご命日は5月30日です。当館では5月23日より「七回忌追悼 今村昌平監督特集」を開催します。●今村監督は日本人で唯一、カンヌ映画祭で最高賞を2度取った監督であることはご存知でしたか。1983年「楢山節考」がグランプリ、’97年には「うなぎ」でパルム・ドールを獲得しました(’90年から最高賞の呼称がグランプリからパルム・ドールに変更)。ちなみに海外では最高賞を二度取った監督は五人いるそうです。早速調べました。コッポラ、ビレ・アウグスト、クストリッツァ、ダルデンヌ兄弟が二度獲得していましたが、もう一人、誰かを見落としているのか、それともダルデンヌ兄弟が二人で計五人なのか。どなたか詳しい方、教えてください。●今村映画を一言で言うと、欲望や性に翻弄される人間のおかしさ、滑稽さ、でしょうか。それを否定的に捉えないので必然的に今村映画は喜劇です。その喜劇が、どうしてあのような迫力、スケールをもって立ち上がってくるのか、所謂「重喜劇」として現れるその回路にこそ、今村監督の創作の秘密が隠されているように思います。●今村監督作品を始めて見る若い方は、是非、全作見てほしいと思いますが、中でもおススメはというとやはり「豚と軍艦」(’60)「にっぽん昆虫記」(’63)「赤い殺意」(’64)ですね。この3作は日本映画の“人間の猥雑さと滑稽さ”部門というものがあったとしたら、間違いなくベストテンに入る誉れ高い作品です。吉村実子、左幸子、春川ますみという女優たちのエネルギッシュな存在感にも激しく心を打たれますよ。●ところで6月は、フィルムで見ることができるイーストウッド監督作品&主演オンリー作品を全部(←多分)やります。こちらも乞うご期待。

— 矢田庸一郎


ミッション:インポッシブル大会、友の会優遇します!

2012/05/01 — 第254号

新文芸坐では、5/5(土)から12(土)までの期間、《ミッション:インポッシブル大会》を開催いたします。M:Iシリーズ全4作の上映です。また、この期間中は、友の会会員のお客様のために以下のサービスを実施します。

1. 会員のお客様へ 《スペシャルデイズ》
期間中は、入場ポイントが2ポイント。もちろんラスト1本でも2ポイントがつきますので、連夜の映画鑑賞でも割安感があります。仕事・学校のお帰りの映画鑑賞もオススメですよ!

2. 現在会員でないお客様へ 《入会・更新のポイントサービス》
期間中は、入会・更新されたお客様に、2ポイント加算いたします。通常は新規入会時にはポイントがつきませんので、かなりお得です。更新には会員証が必要ですので必ずご持参ください。なお、映画も観る場合は1.のサービスが併用されますので、入会時に差し上げる招待券は別番組でお使いいただくほうがお得です。

期間中は会員の方を優遇します! お手許に旧い会員証があるなら、ぜひ期間中に新文芸坐にご来場ください。スタッフ一同、お待ちしております

— スタッフ


柳亭市馬 LOVE

2012/04/16 — 第253号

■落語熱は続いていますというかさらに症状は進行しています。でも今や落語熱というよりは市馬熱です。柳亭市馬さんの独演会や出番のある各寄席にちょくちょく通っています。では私が熱を上げている柳亭市馬さんはどんな噺家さんかというと、5代目柳家小さん師匠のお弟子さんで、日本歌手協会の会員でもあるという美声の持ち主。その美声を生かして古典落語の中に昭和歌謡が登場するという、しかもそれが本当に上手い!(ステキ!)■昭和歌謡が登場する市馬さんの噺で代表的なものは「掛取り美智也」です。大晦日にお金のない夫婦が借金取りの好きな趣味(喧嘩や芝居)を使って借金取りを追い返すという古典落語「掛取万歳」の中に、三橋の旦那という三橋美智也メドレーを歌うキャラクターが登場する市馬さんならではのお噺。三橋美智也を歌うその声に聞き惚れてしまいます。■そして年末の恒例となっている「年忘れ市馬落語集」では前半は落語、後半は歌のゲスト(昨年は昔々亭桃太郎さん)を招いての市馬さんの歌謡ショー!!落語の中で聞くのとはまた違った、市馬さんののびやかな歌声が会場中に響き渡っていました。■歌良し、もちろん落語良し、さらには市馬さんの全身から発せられる明るさが心を軽くしてくれます。落語鑑賞の難しいお作法はよくわかりませんが柳亭市馬さん好き!という感じです。

— 佐野久仁子


GWの一日は“中つ国”へ日帰り旅行だ

2012/04/01 — 第252号

今年もやります。5/4(金)の「ロード・オブ・ザ・リング(以下、LotR)」スペシャル・エクステンデッド・エディション 三部作。一挙上映は9回目の上映です。毎年のように上映しているのですが、私は昨年初めてまとめて観ました。個別には既に観ていたのですが、“通し”はツラそうで躊躇していたのです。が、新作「ホビット」公開までに一度は体験しておこうと思い、三千円払ってチケットを購入、ついに観ました。いや、体力的には問題無かったです。それよりも映画の面白さに13時間近くの上映が、あっという間に感じられました。今年の新作公開までに、一度は観ておくことをオススメします。DVD借りてきて自宅のTV画面で13時間……はツライですよ! 是非スクリーンで。■さて今年の12月に公開予定の「ホビット 思いがけない冒険」は来年公開の「ホビット ゆきて帰りし物語」との二部作になっています。内容はLotRの前日談です。LotRでイアン・ホルムが演じたビルボ・バギンズを主人公(もちろん若い)に冒険の旅が展開、ラスボスのドラゴンを退治、最後にはお宝ゲット!? という、王道をゆくハイ・ファンタジーです。原作では架空の世界を描きながらも、困難に際しての主人公の成長も大きなテーマになっているので、このあたりを監督のピーター・ジャクソンがキッチリ描いてくれるでしょう。LotRのラストでのサムの活躍に涙した多くのファンの皆様、期待して冬を待ちましょう。■LotR三部作は、あと何年スクリーンで上映できるかわかりません。今年も一挙上映しますので、皆様は一挙鑑賞してください。レンバスはないけどサグーンロールがあるし。

— 関口芳雄


3 / 4« 先頭...234