まんすりいコラム:2014年

カメラが動けば

2014/05/23 — 第303号

当館でも上映した『ゼロ・グラビティ』のあれ、皆様ご覧になりましたか? そう、冒頭の13分に及ぶワンカット。A・キュアロン監督は過去の作品でも驚異のワンカット超長回しシーンがあり、こういうの好きみたいです。いや、長回しといっても、アンゲロプロスや相米慎二とは違いますよ。カメラが動くんです。宇宙空間からヒロインのヘルメットの中を経て主観視点、さらに宇宙空間に戻るまでカメラはワンカットで移動します。凄い。■しかし、一見不可能と思えるカメラの動きもCGを使えば何でも可能になります。そういう意味ではCGを使っていない時代のヒッチコックやキューブリック、デ・パルマの作品の方が、難易度が高いといえるかもしれません。■日本にもいました。イラストレーターとして知られる和田誠監督です。『麻雀放浪記』では、麻雀卓を囲む4人の周りをカメラがぐるんぐるん回ります。デ・パルマ張りの360度回転移動撮影。照明・録音のスタッフはどこにいるんでしょう? 『怖がる人々』でもカメラは同じ動きをして見せますが、難易度はさらにアップ。狭いエレベータの中央に立つ男女の周囲をカメラがぎゅるんぎゅるん回るのです。そもそもカメラはエレベータに入れるのか!? 『真夜中まで』では冒頭の長回しワンカットが不思議です。ビルの屋上から始まり、カメラは一度空中に浮かんでからビルの壁面に沿って下降、ある階の窓から侵入して奥まで移動、その後180度振り返る……これをワンカットです。手持ちのビデオカメラじゃない、でっかい映画用35mm撮影機ですよ。これを知って観ると監督たちの偉大さがわかります。

— 関口芳雄


お知らせ

2014/04/23 — 第302号

消費税率引き上げにより、4月より「シニア」「友の会」の料金を1000円から1050円へと改訂させていただきました。

また、料金改定に伴い「友の会」の招待券交換に必要なポイントを10ポイントから8ポイントに変更いたしました。ぜひご活用ください。

また「友の会」は随時会員を募集中です。詳細はスタッフまでお気軽にお申し付けください。

ぜひご活用ください!
友の会 招待券交換ポイント
10ポイント → 8ポイント

  • 友の会会員用のダイレクトメールの仕様が5月分(4月末送付)より変更になります。
  • 今まで毎月1日・15日に発行していた「しねまんすりい」は5月より毎月1日のみの発行とさせていただきます。(ただし毎月15日には、最新情報を掲載した簡易版を配布予定です)

— スタッフ


新文芸坐ベストテン2013 結果発表

2014/04/11 — 第301号

新文芸坐友の会会員の皆さんと当館スタッフが選んだ昨年のベストテンを発表します。今後の番組編成の参考にさせていただきます。また、皆さんの映画鑑賞の参考ともしてください。

有効投票数は134票でした。ありがとうございました。

【日本映画部門】

1『舟を編む』
2『そして父になる』
3『凶悪』
4『風立ちぬ』
5『横道世之介』
6『地獄でなぜ悪い』
7『ペコロスの母に会いに行く』
8『かぐや姫の物語』
9『さよなら渓谷』
10『東京家族』

【外国映画部門】

1『ゼロ・グラビティ』
2『きっと、うまくいく』
3『ジャンゴ 繋がれざる者』
4『セデック・バレ』
5『パシフィックリム』
6『愛、アムール』
7『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
8『ゼロ・ダーク・サーティ』
9『ハンナ・アーレント』
10『クロニクル』

【監督部門】

アルフォンソ・キュアロン

【男優部門】

松田龍平

【女優部門】

真木よう子

— スタッフ


入場料金改定についてのお知らせ

2014/03/18 — 第299号

新文芸坐では、消費税率引き上げに伴い、4/7より開催の番組「気になる日本映画達<アイツラ>2013」より、以下の通り、ご入場料金を改訂いたします。

改訂の概要

消費税率引き上げに伴い、新文芸坐の入場料金全般の見直しを行い、一般、学生の二本立て基本料金は据え置き、各種割引料金、及びオールナイト上映料金を改定します。

現行料金

<一般>1300円
<学生>1200円
<友の会>1000円(10ポイントで招待券)
<シニア>1000円
<夫婦50割引等各種割引>1000円
<ラスト1本割引>800円

改訂料金

<一般>1300円
<学生>1200円
<友の会>1050円(8ポイントで招待券)
<シニア>1050円
<夫婦50割引等各種割引>1050円
<ラスト1本割引>850円 <ラスト1本割引・友の会、シニアのみ>800円

現行オールナイト料金

<一般>2200円
<友の会・前売り>2000円

改訂オールナイト料金

<一般>2300円
<友の会・前売り>2100円

※各料金は内税の総額表示です。
※長尺映画の一本立て上映の際も、二本立て改訂料金が適用されます。
※二本立て料金、及びオールナイト料金も、特別興行の場合は入場料金が変更になる場合があります。

— スタッフ


今更ながらの3D映画初体験記

2014/02/28 — 第298号

■先日『ゼロ・グラビティ』を観ました。アカデミー賞にもノミネートされていて話題の映画ですよね。当館スタッフの鑑賞率も高く、皆に「観るなら絶対iMAX3D版だよ!」と薦められ、2200円を握り締めドキドキしながら上映館へ向かいました。■実は恥ずかしながら、私はまだ3D映画を観たことがありませんでした。『アバター』であれだけ世間的に3D旋風が巻き起こったにも係わらず、私は「乗り物酔いヒドイからな……」などの思いが先行し、観ずじまいになっていました。■そんな私の初めての3D映画体験は一言で言うと「満足」。思っていたほどの違和感も感じることなく、宇宙空間の広がりや奥行き、浮遊する感じや物体がぶつかってくるかのような映像を充分に楽しみました。先入観でつい敬遠していましたが、案外すっと入り込めるし楽しめるもんなんですよね。■それと同時に私は「これって2Dだとどう思うんだろう!?」という強い気持ちに駆られました。私としては、それはそれでいいんじゃないかと思うんです。特に当館のような大きなスクリーンで観れば、2Dでも絶対満足できると思います。それを検証するためにも、当館での上映を期待したいところです。あ、3Dを観たことない人は、もちろん3D体験も!

サンドラ・ブロックに似ていると言われる

— 釘宮あかね


やはり、負けを知ってる男は強い

2014/02/13 — 第297号

日本時間3/3にアカデミー賞が発表されます。主演男優賞候補はディカプリオを始め強者揃いですが、私は『ダラス・バイヤーズクラブ』のマシュー・マコノヒーを応援します。■彼を一躍有名にしたのは、サンドラ・ブロックと共演した96年の法廷モノ『評決のとき』。彗星のように現れた美青年に観客は心を奪われました。しかしその後の出演作の立て続けの興行的不振に加え、彼自身のマリファナ所持による逮捕(自宅で大音量で音楽を流し全裸でボンゴを叩き通報された)によりキャリアは失墜。その後ラブコメに活路を見出し、その肉体を見せたがる“シャツレス俳優”として人気者となりますが、その地位は目指すべき場所ではありませんでした。■彼は息子の誕生を機に、キャリア再生のためラブコメのオファーを断り続け、2年間沈黙します。そして満を持して出演したのが『リンカーン弁護士』。『評決のとき』と同じ弁護士役ですが、そこにいるマシューは酸いも甘いも経験した人間味溢れる男でした。件の『ダラス〜』や年末のクリストファー・ノーランの新作、渡辺謙との共演作も控える彼の快進撃はここから始まるのです。■前置きが長くなりましたが、3/8のオールナイト上映はマシュー・マコノヒー特集です(チラシつくりました!)。重要作『リンカーン弁護士』以降、脇役でも強烈な存在感を見せつけた作品群は、アカデミー賞までの道程と言っていい4本です。サブタイトルに“アカデミー賞受賞希望”とつけましたが、2文字削る事態になることを願います。

— 花俟良王


2 / 3123