まんすりいコラム:2014年

年末です! シネマ・カーテンコールです!

2014/11/25 — 第309号

■あっという間に今年も残りわずか。皆様、やり残したことはございませんか……? 見過ごした映画はございませんか……?? ということで今年もやります!〈シネマ・カーテンコール〉です! 観たかったのに結局観ることができなかった、そんな映画を網羅するかのような絶妙なラインナップです!■『渇き。』は今夏話題沸騰となった賛否両論の問題作です。併映の『私の男』と、どちらも娘と男性保護者の関係を描いていますが、前者はアニメーションを入れたりPOPな映像や音楽でテンポ良く描いた作品であり、後者は薄暗くどんよりとした映像で文学的で濃密な空気感をたっぷり含んだ作品です。見応えのある“重たい”二本立てです。■思わぬ良作だったのは次の二本立て。『ケープタウン』は美しいオーランド・ブルームのワイルドな姿を堪能する刑事モノかと思いきや、重厚な社会派ドラマです。原題は『ZULU』という南アの先住民族の名前が使われており、アフリカに根ざす深い闇を描いています。併映の『フライト・ゲーム』は上空12000mの飛行機内で繰り広げられる密室サスペンス。冒頭の何気ないシーンからぐっと引き込まれますが、巨体を持て余すかのようなリーアム・ニーソンの冴えない憂鬱に揺らいだ表情が観る者の不安をさらに煽ります。真犯人は誰だ!?■以上の4本以外にも『ブルージャスミン』『her/世界でひとつの彼女』『サード・パーソン』『フランシス・ハ』『インサイド・ルーゥイン・デイヴィス』などなど上映します! 12/18(日)より順次上映。お楽しみに!

— 釘宮あかね


〈俺、マシュー・マコノヒー PART2〉に隠されたドラマ

2014/10/23 — 第308号

11/29(土)オールナイトにて〈俺、マシュー・マコノヒー PART2/オスカーを抱いた男〉を開催します。これは今年のアカデミー賞時期の3月に開催した企画の続編です。先回はラブコメを中心に肉体美を見せたがる「シャツレス俳優」と揶揄された後、沈黙し自己と向き合う「マコネサンス」期を経て遂にアカデミー賞に輝くという感動のマコノヒードラマが背景にありました。■今回の目玉はやはり日本未公開のウィリアム・フリードキン監督の大怪作『キラー・スナイパー』(2011)の国内初上映(DVD上映ですが…)となりますが、さらに隠されたドラマもあるのです。■今回上映する『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(2005)時のマコノヒーはまだ「シャツレス俳優」期。ラブコメ以外にも活路を見出そうと自ら製作も兼ね、既に時代遅れだった「痛快冒険活劇」というジャンルの復活に挑むも評価はされませんでした。その代わりに同じ年、世界を席巻していったのがダークなイメージ溢れるクリストファー・ノーラン監督の『バットマン ビギンズ』。次第に沈黙していくマコノヒーを尻目にノーランは成功への階段を上がっていったのです。■……あれから10年。トップ監督に登りつめたノーランの最新超大作『インターステラー』が11/22に公開されます。主演はなんとマコノヒー。遂に彼はアカデミー賞に輝くだけでなく、努力の末にかつて雲泥の差をつけられたノーラン作品の看板となったのです。■アカデミー賞受賞時のスピーチで「ヒーローは10年後の自分」と言っていた彼の笑顔には一点の曇りもなかったことを思い出しました。

— 花俟良王


映画館は生き残れるか

2014/09/24 — 第307号

先日、ネットニュースを見ていると「映画館は生き残る」という気になるタイトルの記事を見つけました。これはウォール・ストリート・ジャーナルの125年特集記事の一つとしてクリストファー・ノーラン監督によって書かれたもので、“映画の現状と未来”について簡潔に考察されています。■この中で特に気になったのは、「未来の映画館は、かつてないほど大きく美しいものになるだろう。」「(皮肉にもフィルム映画のように)自宅では利用したり再生したりできない高額なフォーマットを導入するだろう。」という部分です。映画が映画館だけのものでなくなって以来、映画館の役割は年々小さくなっているように思います。ですが、ノーランは「“時や現実の世界を超えて物語の体験を共有できる”という、映画の力強い基礎がやがて浮かび上がる。」と延べており、そのためには映画館はより大きく、より美しくなければならないとしています。■実際、ノーランの『ダークナイト』や『ダークナイト ライジング』の一部のシーンは、現行のデジタル上映の規格である“2K”や、2020年の東京オリンピックまでには一般にも普及すると言われる“4K”(約800万画素:見た目上35mmフィルムに匹敵する解像度)を大きく引き離す、8〜15Kの解像度を持つと言われる65mm/70mmの“IMAXフィルム”で撮影され、あの革新的な映像を生み出し、映画館に観客を呼び戻しています。■しかし、IMAXはフィルムを使ったハイコストな規格です。デジタルの世界でもIMAXに匹敵するようなクオリティで、よりローコストな規格が生まれれば、やがて普及するでしょう。そして、それを駆使する新たな映画作家達がノーラン同様、革新的な作品を生み出すことで“映画館は生き残って”いけるはずです。

— 後藤佑輔


IMAX、TCX、4DX、などなど

2014/08/19 — 第306号

かつてシネラマや70mm等、通常の上映とは違うフォーマットの上映方式がありましたが、このような特殊な設備を必要とする上映方式はここ2〜30年位、あまり無かったように思います(細かい所で独自規格はありましたが)。●音に関しては80年代からアナログのドルビーサラウンドの普及、その後デジタル化で機材の変遷がありましたが、画に関しては35mmフィルム自体の画質向上くらいで本質的には変化がなく(それくらい35の画は優秀だということでもありますが)、どの劇場も基本的にはほぼ同様の設備で発展してきました。しかしその後フィルムからデジタルへ移行。それがほぼ普及しきった現在、既存の劇場の設備とは一線を画す上映設備を持った劇場が出てきています。●代表的なのはフィルム時代からあるIMAX。大画面と大音量が特徴で、3Dでは2台使う専用の映写機に、作品自体も個々にIMAX用にマスタリングしなおされています。東宝のTCXは既成のシステムを使うものですが、同様に大画面、大音量指向。こちらは既成のシステムを使うので上映作品が限られることはありません。4DXは映像に合わせて座席を稼働させ、風、水、フラッシュ、香りも使い場内全体で演出。完全にテーマパークのアトラクション状態ですが、これを通常の一般公開される映画でやります。いずれも各種料金上乗せで高めですが(特に4DX)、自宅ではとても再現出来ない上映環境ですね。シネコンの普及により劇場が画一化したことに対する次なる一手というところですが、面白いですね。

— 梅原浩二


8月は、映画を通して戦争や軍隊を考える特集を

2014/07/24 — 第305号

旧文芸坐では1978年から毎年「社会を告発する」という特集を行ってきました。2000年にオープンした新文芸坐もこの精神を受け継ぎ、毎年8月15日の“終戦の日”前後に、反戦映画や冤罪映画などの社会派映画を上映しています。今年は二部構成でお送りします。●1945年8月6日午前8時15分、広島に原爆が投下されました。この8月6日に、2012年から「新藤兼人平和映画祭」という催しが東京・日比谷にて開催されてきました。実行委員長は1988年生まれの若い女性、御手洗志帆さん。新藤兼人監督と同じ広島出身で、新藤監督を敬愛する彼女は、仕事の傍らほとんど独力でこの映画祭を運営してきました。●彼女の意気に賛同して、この映画祭を、今年は当館で行うことにしました。彼女の熱い思いは様々な方面に波及し、ジャーナリストの鳥越俊太郎さん、歌手の加藤登紀子さん、映画監督で作家の森達也さん、共同通信編集委員・立花珠樹さんらが、シンポジウムに参加してくれることになりました。●第2部の恒例の「8.15終戦の日によせて 反戦・社会派映画特集」は8月10日から。●昨今、集団的自衛権の問題など、安全保障や、この国のあり方について様々な議論が巻き起こっています。しかしまず大事なことは、わたしたちが歩んできた歴史を決して風化させてはならないことです。偉大なる映画文化を築き上げた日本の映画人たちは、多くの戦争や軍隊についての作品も遺しました。彼らは決して空想や観念だけで映画を作ったのではありません。多くの映画人が実際に戦争を体験し、それをもとに脚本を書き衣装を考えセットを作り、映画を撮ったのです。●映画を通して日本の歴史を振り返り、戦争の悲惨や軍隊の真実を考えたい、という思いを込めて、今年はラインナップしました。

— 矢田庸一郎


トーを観たあと行きたい場所は・・・・・・

2014/06/26 — 第304号

遅番勤務の残り一時間くらいになると、頭の隅で「いま食べたら幸せになれる物リスト」を作り始めるんです。休憩の終わる六時頃からタイムカードを押す十一時頃までずっと仕事ですから、やっぱりね、お腹空いちゃうんですよ。そうですねぇ、食べるのも好きだし、あと食欲をそそる文章を読むのも好きです。森茉莉とか芦原すなおとか。国語の教科書で覚えているのも「ねずみのアナトール」や「温かいスープ」だし。でも、映画の食事シーンって、あんまり食欲をかき立てられないんですよ、私は。記憶には残るけど「ご飯食べたーい!」みたいな原始的な欲求はあまり湧かないんです。何でだろう……想像の余地なく料理が映し出されてしまうからかな。あ、けどジョニー・トーは例外です。先日うちで上映した怪作『名探偵ゴッド・アイ』、ご覧になりました? すごいですよね、アンディ・ラウ。食って飲んで吐く! の繰り返し。私は途中からもう、麺類が食べたくて食べたくて。しかも沖縄そば。なんで沖縄なのかはわかんないんですけど。トー作品って食事シーンが多いんです。で、ただ食べるだけじゃなくて、ちゃんと人間関係や物語と絡みあっている。料理映画ならともかく、トーといったらノワール。ノワールと食事って、なかなかない組み合わせですよね。そうそう、七月末からトー監督の『ドラッグ・ウォー 毒戦』を上映するんですよ。「表現規制の厳しい中国本土で撮影したアクション大作」らしいです。「トー初の中国本土撮影」ってことで、料理も中華メインでしょうか。辛いのはちょっと苦手なので、四川より北京や上海のほうがいいけど、トーならもう、何でもいいです。上映後に寄るお店、考えておかないと。

— 小澤麻梨子


1 / 3123