まんすりいコラム:2018年

贅沢な日常

2018/05/28 — 第351号

新文芸坐ほど、あらゆるジャンルの名作を網羅し上映している映画館は他に無いと思います。新文芸坐で働いていると、滅多にスクリーンで観ることの出来ない貴重な映画が上映される機会が、いつものなんてことない日常としてやって来ます。■そんな贅沢な日常にすっかり慣れてしまった私は「この映画は滅多に観られない名作だ!出勤前に観なくては!」と思いながら、いざその日になったら寝坊して見逃してしまうなんてことがしょっちゅうで「私は名画を観て豊かな時間を過ごすより、二度寝する時間を選んでしまった、情けない…」なんて後悔する、贅沢でもったいない日々を送っています。■今月も上映スケジュールと自分のスケジュール帳とを見合わせて鑑賞予定を立てます。うーん…6月も魅力的な映画が目白押しで迷ってしまうな。久々にオールナイトを観てみようかな。エルマンノ・オルミ監督の作品は昨年新文芸坐で上映していたこともあって思い入れがあるんだな。ガメラは平成ガメラの思い出が強いけど、本家の昭和ガメラも気になる。グレタ・ガーウィグ特集はおしゃれで共感出来て楽しめそう。ここはあえての顔圧!ニコケイナイト2!にしようか…。なんて考えるのは楽しい時間です。(予定通りに行かないのがいつもの私なのだけど)■こうして選んだ映画が、心の奥底に触れ、人生の道筋を少し変えてしまうなんてことが、もしかしたらあるかもしれない。そんな可能性を多く秘めた、新文芸坐という空間にいられる時間を大切にしたいと思います。

— 中村悦子


新文芸坐友の会 入会・更新料の変更のお知らせ

2018/03/28 — 第349号

現在「友の会」会員のお客様には、特にお申し出のあった場合を除き、翌月のスケジュール表のダイレクトメール(DM)を郵送しております。しかし昨今のインターネットやスマートフォンの普及により、DM郵送を不要とする声を多くいただいております。

つきましては、2018年4月より「友の会」の入会・更新料を下記のように変更させていただき、DM送付の有無によって料金を分けさせていただくことになりました。

2018年4月1日より

新規入会(旧料金2000円)

ダイレクトメールが「必要」な方 → 2200円
ダイレクトメールが「不要」な方 → 1800

更新(旧料金1000円)

ダイレクトメールが「必要」な方 → 1200円
ダイレクトメールが「不要」な方 →  800円

また、現在ダイレクトメールに付帯されている「ファミリー券」は、来年2019年3月31日をもちまして終了とさせていただきます。別の形でのサービスを検討中です。併せてご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

— スタッフ


東京アニメアワードフェスティバル2018

2018/02/26 — 第348号

弥生三月、今年も東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)の季節がやって来ました。TAAFは昨年からここ池袋に引っ越し、TAAF2018で通算5回目の開催となります。池袋の映画館5館を始めとし、区民ひろばやサンシャインシティ噴水広場等のご協力も得て、昨年以上の盛り上がりをみなさんにお届けします。■新文芸坐では、短編・長篇のコンペティション作品を中心に上映会を催します。分かり易く楽しい作品から、ちょっと考えさせる作品…日本でもよくニュースに登場するようになった、老人問題を取り上げたもの…等、バラエティに富んでいます。■3DCGの表現の進歩は目覚ましいものがありますが、今年は人形のストップモーション作品が頑張っています。是非当劇場に足を運んで、世界のアニメーションの「今」を見て頂きたいと思います。■それぞれの作品の上映時には、短いですが制作者の挨拶があります。また、同じ作品ですが、コンペティションの選考委員の解説付きプログラムも用意してあります。海外からもたくさんのクリエーターが来日するので、是非彼らとの交流も試みて下さい。■楽しい映画祭にして頂けるよう、新文芸坐友の会の方々には当日券の特別割引も実施します。劇場でお会いしましょう。

— 東京アニメアワードフェスティバル2018 フェスティバルディレクター 竹内孝次


新文芸坐ベストテン2017 投票開始!

2018/01/28 — 第347号

今年も恒例「新文芸坐ベストテン(文テン)」の季節がやってまいりました。

世の中にはいろいろな映画ベストテンがあり、著名人や映画評論家が選ぶものや、映画業界人が選ぶもの、特定の会員が選ぶものなど、選者は様々です。文テンは当館のお客様が選ぶベストテンです。映画ファンのベストテンといってもいいかもしれません。

ロビーに投票用紙がございますので、昨年(2017年)に新作映画として公開された映画の中から、日本映画と外国映画をそれぞれ最大10作品選んでご投票ください。お一人一票、どなたでも投票可能です。また新文芸坐友の会会員の方は、インターネットからでも投票いただけます。新文芸坐オフィシャルサイトからご投票ください。投票(ネット投票も含む)していただいた友の会会員の中から抽選で3名様にご招待券をプレゼントいたします。

後日集計してベストテンを発表し、当館の番組編成の参考とさせていただきます。どうぞ奮ってご投票ください。

★投票受付期間:2018年 2/1 〜 2/28

— スタッフ


明けましておめでとうございます

2018/01/01 — 第346号

日頃より、新文芸坐をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

2017年は、16年使用した場内の椅子を新しくしました。以前は暗い色の椅子でしたが、新しい椅子は背もたれを赤にし、以前より多少、場内が華やいだ感じになりました。皆さん、座り心地はいかがでしょうか。

17年も経ちますと、さすがにいろいろな所で不具合が発生してきております。2018年も少しずつではありますが修繕をしていき、皆様により良い環境で映画を楽しんでいただこうと考えています。

先日、あるお客様より、新文芸坐は古い日本映画の日替り上映ばっかりだから、新しい映画は他の名画座で観る、というお話をお伺いしました。実は新文芸坐、本数では他の名画座に負けない数の新作映画を上映しています。でもアピールが足りないせいか、新文芸坐は古い映画ばっかり、という印象を持たれているのかもしれません。

そこで2018年からは、毎月の新作映画の上映をお知らせするチラシを作ることにしました。まだここでは言えませんが、2月も、話題の大作映画、ヨーロッパ発の新しい感性が全開となった話題のアクション映画など注目の新作がラインアップされています。

2018年も新文芸坐は、「映画が大好き」を合言葉に、映画ファンの皆様と一緒に古今東西、様々な映画を楽しんでいきたいと思います。

皆様のご来場を心よりお待ちいたします。

新文芸坐

矢田庸一郎 関口芳雄
梅原浩二 花俟良王 後藤佑輔
柳原弘 小澤麻梨子 山下萌 松田恵里加 青山貴昭 濵本栄紀
中村悦子 泉未来 星野依子 芳仲康輔 西川由里子 多田優香 松下海友

— スタッフ一同


まんすりいコラム

2018/05/28
贅沢な日常
2018/03/28
新文芸坐友の会 入会・更新料の変更のお知らせ
2018/02/26
東京アニメアワードフェスティバル2018
2018/01/28
新文芸坐ベストテン2017 投票開始!
2018/01/01
明けましておめでとうございます
2017/11/29
冬の友の会キャンペーン

年別アーカイブ