上映プログラム

8/30(土)〜9/2(火)

白ゆき姫殺人事件 / そこのみにて光輝く

  • チラシ
  • チラシ
白ゆき姫殺人事件(2014/松竹/DCP)
監督:中村義洋 原作:湊かなえ 出演:井上真央、綾野剛、菜々緒、金子ノブアキ
そこのみにて光輝く(2014/東京テアトル/DCP/R15+
監督:呉美保 原作:佐藤泰志 出演:綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉、高橋和也、火野正平
8/30(土)・31(日)
白ゆき姫殺人事件
12:40/17:25
そこのみにて光輝く
10:25/15:10/19:55
終映21:55
9/1(月)・2(火)
白ゆき姫殺人事件
9:40/14:05/18:30
そこのみにて光輝く
11:55/16:20/20:45
終映22:45

9/3(水)〜7(日)

アブデラティフ・ケシシュ スペシャル! アデル、ブルーは熱い色

  • チラシ
★『アデル、ブルーは熱い色』&「新文芸坐シネマテーク」相互割引き実施
それぞれの半券持参の一般・学生の方は友の会料金(1050円)でご入場できます

アデル、ブルーは熱い色(2013・仏/キノフィルムズ/DCP/179分/R18+
★カンヌ映画祭パルムドール ★全米批評家協会外国語映画賞
監督:アブデラティフ・ケシシュ 出演:アデル・エグザルコプロス、レア・セドゥ
青い髪の年上の女性エマに恋をした女子高生アデル……。世界を席巻した瑞々しい愛の軌跡。
9/3(水)
アデル、ブルーは熱い色
9:45/13:00/16:15/19:30
終映22:35
4(木)〜5(金)
アデル、ブルーは熱い色
9:30/12:40/15:50
終映18:50
6(土)〜7(日)
アデル、ブルーは熱い色
9:45/13:00/16:15/19:30
終映22:35
★友の会ポイント2ポイント(『アデル、ブルーは熱い色』のみ)
※ラスト1本割引なし ※日によって時間が変わりますのでご注意ください

9/4(木)・5(金)

特別上映【新文芸坐シネマテーク 〜アブデラティフ・ケシシュ〜】

料金:一般1300円、学生1200円、友の会・シニア1050円

★『アデル、ブルーは熱い色』&「新文芸坐シネマテーク」相互割引き実施
それぞれの半券持参の一般・学生の方は友の会料金(1050円)でご入場できます

※各日朝から入場整理番号付きのチケットを販売します(前売券はございません)
※各日上映開始の15分前に開場、整理番号順での入場

9/4(木)
身をかわして(2004・仏/117分)+講義
19:30〜
終了22:30頃
5(金)
クスクス粒の秘密(2007・仏/153分/BD)+講義
19:15〜
終了22:40頃
※各日上映終了後に映画批評家・大寺眞輔さんによる講義(45分程度)がございます

9/8(月)~20(土)

検証日本映画Vol. 14 成瀬巳喜男の、感動の世界

9/8(月)
石中先生行状記(1950/東宝)
10:25/14:35/18:40
くちづけ(1955/東宝)
12:25/16:30/20:35
終映22:30
9(火)
夫婦(1953/東宝)
11:35/15:15/18:55
(1953/東宝)
9:45/13:25/17:05/20:45
終映22:20
10(水)
歌行燈(1943/東宝)
11:40/15:15/18:50
鶴八鶴次郎(1938/東宝)
9:55/13:35/17:10/20:45
終映22:15
11(木)
あにいもうと(1953/KADOKAWA/16mm)
11:40/15:20/19:00
山の音(1954/東宝)
9:50/13:30/17:10/20:50
終映22:25
12(金)
稲妻(1952/KADOKAWA)
10:20/14:30/18:35
放浪記(1962/東宝)
12:10/16:20/20:25
終映22:30
13(土)
めし(1951/東宝)
9:45/14:00/18:05
浮雲(1955/東宝)
11:40/15:50/19:55
終映22:00
14(日)
杏っ子(1958/東宝)
9:45/14:40/18:40
おかあさん(1952/東宝)
12:00/16:50/20:50
終映22:30
★13:50〜 香川京子さん山根貞男さん(映画評論家)のトークショー
15(月)
晩菊(1954/東宝)
10:00/14:15/18:30
流れる(1956/東宝)
12:05/16:20/20:35
終映22:30
16(火)
驟雨(1956/東宝)
11:40/15:20/19:00
乱れる(1964/東宝)
9:45/13:30/17:10/20:50
終映22:30
17(水)
妻の心(1956/東宝)
10:30/14:35/18:40
夜の流れ(1960/東宝)
12:30/16:35/20:40
終映22:30
18(木)
コタンの口笛(1959/東宝)
10:30/14:35/18:40
秋立ちぬ(1960/東宝)
13:00/17:05/21:10
終映22:30
19(金)
女の中にいる他人(1966/東宝)
11:30/15:15/19:00
ひき逃げ(1966/東宝)
9:40/13:25/17:10/20:55
終映22:30
20(土)
鰯雲(1958/東宝)
12:50/17:30
乱れ雲(1967/東宝)
10:45/15:25/20:05
終映21:55

9/21(日)〜29(月)

スクリーンで観ておきたい珠玉の名編Vol. 20

  • チラシ
  • チラシ
ある過去の行方(2013・仏=伊/スターサンズ/DCP)
★カンヌ映画祭女優賞
監督:アスガー・ファルハディ 出演:ベレニス・ベジョ、タハール・ラヒム
別れゆく男女にもたらされた衝撃の告白……。『別離』の監督が描く緊張感溢れる傑作人間ドラマ。
それでも夜は明ける(2013・米/ギャガ/DCP/PG12
★アカデミー作品・助演女優・脚色賞 ★ゴールデングローブ作品賞
監督:スティーヴ・マックィーン 出演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー
19世紀、都会で自由に暮らしていた黒人男性が誘拐され……。突如奴隷となった男が辿る壮絶な日々。
21(日)・22(月)
ある過去の行方
12:40/17:40
それでも夜は明ける
10:10/15:15/20:15
終映22:30
23(火)・24(水)
それでも夜は明ける
12:45/17:45
ある過去の行方
10:20/15:20/20:20
終映22:30
※日によって上映順・上映時間が異なりますのでご注意ください。
  • チラシ
  • チラシ
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(2013・米/ロングライド/DCP)
★カンヌ映画祭主演男優賞
監督:アレクサンダー・ペイン 出演:ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキップ
胡散臭い当選金をもらおうと旅に出る頑固親父と、同行する羽目になった息子のハートフルな珍道中。
世界の果ての通学路(2012・仏/キノフィルムズ/DCP)
★セザール賞ドキュメンタリー賞 ★アンリ・ラングロワ賞ドキュメンタリー賞
過酷な道のりを何時間もかけて通学する4組の子供とその家族を通して教育の意義を問う話題作。
25(木)・26(金)
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
11:15/15:05/18:55
世界の果ての通学路
9:45/13:35/17:25/21:15
終映22:30
27(土)
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
10:30/14:20/18:10
世界の果ての通学路
12:50/16:40/20:30
終映21:45
  • チラシ
  • チラシ
ハミングバード(2012・英/ショウゲート/DCP/)
監督・脚本:スティーヴン・ナイト
出演:ジェイソン・ステイサム、アガタ・ブゼク、ヴィッキー・マクルア
落ちぶれた帰還兵がある事件をきっかけに復讐の鬼と化す。充実の脚本を得てステイサムがさらに輝く!
ポリス・ストーリー/レジェンド(2013・中/ブロードメディア・スタジオ/DCP)
監督・脚本:ディン・シェン 出演:ジャッキー・チェン、リウ・イエ、ジン・ティエン
人質籠城事件に巻き込まれた刑事。リアルなアクションとハードな物語でジャッキーが更なる高みへ。
28(日)・29(月)
ハミングバード
10:10/14:20/18:30
ポリス・ストーリー/レジェンド
12:15/16:25/20:35
終映22:25

予告

9/30(火)〜 「鬼畜」「疑惑」など、松本清張作品を含む文芸映画特集

10/25(土)

〈新文芸坐涙の最終上映〉 ロード・オブ・ザ・リング 2&3 スペシャル・エクステンデッド・エディション

開場 10:00、開映 10:15、終映 19:05

10/25(土)
ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 スペシャル・エクステンデッド・エディション
(2002・米=ニュージーランド/KADOKAWA/字幕版・35mm)
10:15〜
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション
(2003・米=ニュージーランド/松竹/字幕版・35mm)
14:30〜
終映19:05(途中休憩あり)
【ご入場料金】2600円均一(友の会2ポイント)

※全席指定(途中外出可)
※前売券:当館窓口は9/3(水)、チケットぴあは9/6(土)(Pコード:553-470)より発売

「ロード・オブ・ザ・リング(第1作目)」は、配給期限切れのため上映できません。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」は、本年11月に配給期限切れとなります。したがって「… 二つの塔」は、今回が当館での最後の上映となります。