「吉良は大石一味に殺される」はネタバレか?

2004/09/16 — 第100号

映画を観るとその内容や感想を人に話したくなりませんか? お帰りの客様の中にはそのウズウズ感が顔に出ている方も多く見受けられます。しかしその映画を未見の人に対して、結末を語ってはいけません。いわゆる“ネタバレ厳禁”、これ映画ファンのマナーです。◆しかしネタバレがそれほど罪ではないというジャンルの映画もあります。歴史ものや原作があまりに有名な場合がそれにあたります。ハムレットや吉良上野介の末路をバラしてしまったところで、誰も怒らない(怒れない)でしょう。◆当館で上映する「トロイ」にしても、たとえほとんどの日本人がトロイ戦争には詳しくないとしても、トロイの木馬と戦士アキレスの弱点くらいは知っているのでは? 当然そういったエピソードも劇中登場しますし、ファンはそれを映像で観るのを楽しみにしているのです。◆横溝正史「獄門島」の映画化で犯人を原作とは変えてみたり、真田十勇士の霧隠才蔵や三好清海が女だったりと、意表を突く脚色も少なくありませんが、それも原作が有名だからこそ観る側の驚きにつながるわけで、原作を尊重しているといえなくもありません。◆最近観た映画である意味最も驚かされたのは「キング・アーサー」でした。ランスロット卿、グウィネヴィア妃との国を滅ぼす三角関係もなければ、聖剣エクスカリバーのくだりもない。アーサー王伝説を語ったところでまったくネタバレにならないという、伝説とは関係ない物語でした。一応アーサーが王になる前の物語ということですが、○○○○○○が△△した時点で続編製作も無理。おっとネタバレ注意だっ!

— 関口芳雄


スタッフコラム

2021/01/15
映画は映画館で観るもの
2021/01/01
明けましておめでとうございます
2020/11/13
正直、まだ実感できていません。
2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー

年別アーカイブ