ハン・ソッキュと新世代韓国映画たち―見るなら今!の巻

2001/03/21 — 第12号

韓国全土で200万人の観客動員を超え、ついに韓国にもブロックバスターの時代到来と騒がれた映画が当館で3月13日より始まるニュー・コリアン・シネマ・ウィークの中で上映する『シュリ』です。中野裕通によるスピード感あふれる予告編の効果もあって日本でも動員100万人の大ヒット。この優れた予告編にたがわず本編も弾数多き銃撃アクションあり、南北問題あり、禁じられた恋ありのてんこもりで最後まで息つく暇もないのですが、なかでも本作で日本のファンもかなり増えたと思われるハン・ソッキュの“誠実さ”には心打たれるものがあります(チェ・ミンシクの怪演も素晴らしい!)。役に対する誠実さが彼の役者としての特質であり、魅力でもあり、『シュリ』でも彼の魅力を十分味わえるのですが、今回は彼の主演作をさらに3本、『八月のクリスマス』『グリーンフィッシュ』『カル』も上映いたします。『グリーンフィッシュ』は今回上映の傑作『ペパーミント・キャンディー』のイ・チャンドン監督のデビュー作としても有名ですし、『カル』『八月のクリスマス』では好感度No.1女優、シム・ウナと共演し、その彼女の主演作『美術館の隣の動物園』も上映いたします。そのほか香港のクリストファー・ドイル撮影の『モーテルカクタス』や韓国でのホラーブーム先駆けとなった『女校怪談』などなど旬の韓国映画を盛りだくさん上映いたします。『ユリョン』や『JSA』等、公開待ち遠しい話題沸騰の新作韓国映画予告編大会もお楽しみに。

— 梅原浩二


スタッフコラム

2021/02/19
後始末
2021/01/15
映画は映画館で観るもの
2021/01/01
明けましておめでとうございます
2020/11/13
正直、まだ実感できていません。
2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん

年別アーカイブ