恒例特集、「気になる日本映画達」が復活

2001/04/11 — 第14号

4/10より「日プロ大賞記念 気になる 日本映画達〈アイツラ〉 〈1991〜2000〉」をお送りしますが、その前に「日プロ大賞」とは何ぞや? ■はい、(1)日本映画界の“プロたち”がホントに面白い日本映画を選ぶ。(2)どこででも上映されるメジャーの映画ではなく、小さなプロダクションが精一杯作り上げ単館の映画館だけで公開されるような作品を応援しよう、という主旨の賞なんです。■それで今回は4/14の第10回授賞式を挟んで、日プロ10年の歩みを辿りつつ’90年代から2000年の、日本映画の新しい息吹を感じさせる48作品を連続上映することになりました。■そこでオススメは、まず4/7(土)のオールナイト「阿部寛ワンマンショー」。第4回日プロ作品賞で、阿部さんの役者としてのターニングポイントになった『凶銃ルガーP08』に、役所広司と五分の競演が印象深い『大阪極道戦争 しのいだれ』などを。しかもなんと阿部寛さんが来館! ■4/12の三本立も必見。堅物な警官(←本木雅弘が怪演)が防犯訓練の強盗役にのめり込みすぎて暴走するコメディ『遊びの時間は終らない』。山口智子よスクリーンにカンバッ〜ク! と叫びたくなる『undo』(豊悦ファンも楽しんでね)。さらに『はつ恋』の篠原監督デビュー作、爆笑問題の大田光主演『草の上の仕事』。この映画、出演は二人だけで草を刈るだけの話(笑)。でも傑作よ。■その他、矢口監督独特の軽快奔走コメディ2本立や、2000年カルト大賞(←筆者選定)『発狂する唇』、池脇千鶴に女を感じた『金髪の草原』、藤田宇宙のクリクリ目玉がキュートな『独立少年合唱団』など語りたいことは尽きないのですが……。是非観にきてね!

— 矢田庸一郎


スタッフコラム

2021/02/19
後始末
2021/01/15
映画は映画館で観るもの
2021/01/01
明けましておめでとうございます
2020/11/13
正直、まだ実感できていません。
2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん

年別アーカイブ