映画館ですが、本も売ってます

2006/09/16 — 第148号

当館の書籍販売コーナーには、映画をより楽しむための本がズラリ並んでいるのですが、何も作家論や作品論ばかりという訳ではありません。先日、職業柄無視できないタイトルの本が入荷しました。映画批評家・映画学者である加藤幹郎さんの著作『映画館と観客の文化史』(中央公論新社)です。リュミエール兄弟が映画を上映する歴史的な日より前に存在していた“パノラマ館”から始まり、入場料ニッケル硬貨1枚(=5セント)だった初の常設映画館“ニッケルオディオン”や絢爛豪華な“ピクチュアパレス(映画宮殿)”、そして現在のシネコンやアイマックス・シアターまで、今まであまり語られてこなかった映画館と観客の歴史が綴られています。◆中でも興味深かったのは場内のマナーに関しての歴史。当館でも「上映中はお静かに」ということを(皆様うんざりするほど?)お願いしていますが、たまに年配のお客様から「昔の客は賑やかだったんだけどねぇ」といったお言葉もいただきます。確かに往年の映画の中にも、途中入場は当たり前、タバコを吸いながらワイワイガヤガヤ談笑し、ピーナッツの殻を撒き散らす、といった場内の描写を目にしますし、そんな時代を羨望する自分もいます。予告やアナウンスなどで静寂をお願いしだしたのも最近のこと、だから私も「そうなんですけどねぇ」などと答えていたのですが……。◆なんとこの本によると1905年頃のニッケルオディオンでは、スライド(幻燈機)を見ながらの観客の合唱(!)が終わると、映画の上映前に「大声でのおしゃべりや口笛指笛はご遠慮ください」「喫煙ご遠慮ください」「帽子はお脱ぎください」などといった注意書きがスクリーンに映し出されていたそうです。短編のサイレント映画しか存在しなかった時代、映画のありがたみがひしひしと伝わってきます。◆様々な要因でこの風潮は短命に終わりますし、だから皆様も上映中はお静かに、という結論にも結びつきません。ただ、今と変わらぬ苦労をする100年前の同業者に、感慨深くというよりかは、なんとも微笑ましく思いを馳せたのでありました。

— 花俟良王


スタッフコラム

2021/01/15
映画は映画館で観るもの
2021/01/01
明けましておめでとうございます
2020/11/13
正直、まだ実感できていません。
2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー

年別アーカイブ