いつの日かまた、アイマックスを。

2007/09/16 — 第172号

品川にあった都内唯一のアイマックスシアターが3月に閉館してしまいました。アイマックスとはカナダで開発された映画史上最大のフィルムサイズを誇る上映方式のことです。フィルム幅は70ミリですが、横に送るため面積が広く、通常の70ミリ映画の3倍になり、35ミリに対しては10倍にもなるそうです。渋谷パンテオン閉館時に上映した70ミリの「プレイタイム」は若干センターにブレが見られましたが、それより大きいこのフィルムではさらに面ブレが気になるところです。しかし対策は万全、上映中は撮影機のようにパーフォレーション(フィルムを送る穴)にピンを出して固定、さらに真空装置でレンズ後面に固定しているそうです。巨大なスクリーンを含めたこの上映設備から得られる映像は情報量が非常に多いうえ、迫り来るような圧倒的な迫力があり、フィルムの持つ能力の凄さをまざまざと見せ付けてくれます。●上映作品は3D映像や科学的な番組のほか、劇場用の一般映画も上映していました。私も「スーパーマン・リターンズ(アイマックスのみの一部3D)」等、色々見に行きましたが、中でも圧巻なのがアイマックス向けに音を編集し直した「イノセンス」でした。音響、映像とも通常の劇場での体験とは全く異なり、この映画はアイマックスでのみ観るべき映画なのかと思うほどでした。で、3回も見に行ってしまったのですが、いつもガラガラ。いや、「イノセンス」に限らずいつも空いていました。新宿にアイマックスがあった時も混雑していた記憶がないので、立地のせいだけではないようです。●この先新たに劇場を作るのは困難とは思いますが、復活することがあったら、またつぶれないよう是非見に行ってください。

— 梅原浩二


スタッフコラム

2021/01/15
映画は映画館で観るもの
2021/01/01
明けましておめでとうございます
2020/11/13
正直、まだ実感できていません。
2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー

年別アーカイブ