「スクリーンで観ておきたい! 珠玉の名編」(6/28〜)に注目

2008/06/16 — 第190号

名前だけを聞いても気付かれない方が多いと思いますが、旧文芸坐時代から続いている意外に歴史のある特集があります。前年の日本映画の秀作を振り返る特集「気になる日本映画達」、社会派映画を通して日本の社会や歴史を考える「社会を告発する!!」、そして今度お送りする「珠玉の名編」も、実はそういった歴史のある特集の一つなのです。●この特集の第1回目は1990年。上映作品というと、まだJ・ロバーツが初々しかった『マグノリアの花たち』や、パンク・ムービーの旗手A・コックス監督の、J・ストラマーやJ・ジャームッシュまで出てた『ストレート・トゥ・ヘル』など。懐かしぃ〜。●今回の「珠玉の名編」も、伝説の歌手の生涯を綴った『エディット・ピアフ』や、天才ピアニストと老教師の魂の交流を描く『4分間のピアニスト』など、映画ファンなら見逃せない感動作がズラリ。●ここで私がこっそりおススメしたい映画は『ONCE ダブリンの街角で』『俺たちフィギュアスケーター』。『ダブリン〜』は路上ミュージシャンと移民の娘の触れ合いを描くアイルランド映画。1時間27分と今どき珍しい短い作品ですが、全編さり気なくほろ苦くキュート! 彼らがCDを制作する音楽シーンは凄くパワフルで感動的。CGばかりの大作に食傷気味の貴方、必見ですよ。『俺たち〜』は男同士のフィギュアペアの、馬鹿馬鹿しくて暑っ苦しくて何も考えないで笑わせてくれるコメディ。こんな馬鹿映画を精魂込めて作り上げたスタッフ・キャストの美しい映画魂を思い、私は思わずエンドロールで泣きました! ビデオストレートになりかけたこの作品を映画会社GAGAの有志が体を張って劇場公開に漕ぎ着け、またその熱意に答えるように劇場では満席が続いたという曰くつきの作品。まさにスクリーンで観ておきたい一作です。

— 矢田庸一郎


スタッフコラム

2021/01/15
映画は映画館で観るもの
2021/01/01
明けましておめでとうございます
2020/11/13
正直、まだ実感できていません。
2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー

年別アーカイブ