スタッフコラム

さようなら、ビデオポップ

2010/03/01 — 第211号

北区王子にある個人経営の小さなレンタルビデオ店「ビデオポップ」が、この2月で20年の歴史に幕を下ろした。私の学生時代、フリーター時代のアルバイト先であり、何度か就職に失敗した時もその都度世話になり、映画まみれにしてくれた。思い出を語ればきりがないので止めておくが、販売用DVDが安価で売られ、大手チェーンが席巻する市場でよくぞ今まで地元の映画ファンのために頑張ってくれたと拍手を贈りたい。■旧文芸坐出身者でもある店主の分け隔てない映画愛と気さくな人柄で、店内は常に映画、音楽、演劇などの道を歩もうとする人間のサロンと化していた。ある世代が土地を離れれば、必ず次の世代の似たような人間が集まってきた。今、店主の唯一の心残りは、そのような“場所”がひとつ失われてしまうということだ。■閉店の報せを受けて久しぶりに足繁く通っていると、現在の常連客に当館の利用者が多くいることが判ってきた。映画好きが集まる店なのだから不思議ではないが、かつてのバイト先で現在の職場のお客さんに「頑張ってください」と言われると、感慨深くなるというか、人と時間が作り出した不思議な縁を感じる。そしてその縁に報いるためにも、店主が誇りと共に呟いた“場所”というキーワードを胸に、私が、そして新文芸坐が目指すべき“場所”を模索していこうと思ったりもした。■さて、私は『僕らのミライへ逆回転』のラストシーンのような気の利いたお別れはできなかったけれど、店主はCDに追いやられ20年間自宅で埃をかぶっていたレコードとプレーヤー、そしてアンプを初めて店に持ち込んだ。ざらついた大きな音でジャズが流れる中、懐かしい顔と新しい顔が集い談笑する。まあ、これはこれで画になるラストシーンだな、と微笑ましかった。

— 花俟良王 検索