「中国映画祭2001」開催!

2001/08/01 — 第25号

当館の前身、文芸坐では1983年から1990年まで毎年秋、徳間書店社長、故徳間康快氏のプロデュースで「中国映画祭」を行なってきました。9月20日はその徳間康快氏の一周忌となります。当館では徳間書店のご協力のもと、日中両国の民間レベルの文化交流に尽くされた氏の志を受け継ぎ、9月15日より「中国映画祭2001」を開催することになりました。■今回の上映作品は26作品。チャン・イーモウ監督の鮮烈デビュー作『紅いコーリャン』に感動ラブストーリー『初恋のきた道』。世界的巨匠チェン・カイコー監督のデビュー作『黄色い大地』。シエ・チン監督作品は、文化大革命を批判し日本でも大ヒットの『芙蓉鎮』に歴史巨編『阿片戦争』。魯迅原作『阿Q正伝』に老舎原作『駱駝の祥子(しゃんつ)』と、盛りだくさんの内容です。さらに今回は中国映画の最も新しい波、いわゆる第六世代と呼ばれる映画作家たちの作品を『ふたりの人魚』など4作品上映します。■ところで日中両国の間に例年になく波紋を投げかけた靖国参拝や教科書問題。これらの問題を思うとき、日本軍に抵抗する村人たちを素晴らしい映像で描く『紅いコーリャン』を含め、例えば映画を通しわれわれがさまざまな中国の人々の姿に触れていくということも、決して無駄なことではないのではないか。迂遠な方法かもしれないけれど、ごく普通の市民レベルでの、相互理解への第一歩がそこにあると思うのです。■清朝中国と英国のアヘン戦争から辛亥革命、日中戦争を経て中華人民共和国建国、文革、そして現代中国の生々しい姿。中国の歴史、国のかたち、そこに生きる人々。さまざまな中国をその目ではっきりと触れてみてください。

— 矢田庸一郎


スタッフコラム

2021/01/15
映画は映画館で観るもの
2021/01/01
明けましておめでとうございます
2020/11/13
正直、まだ実感できていません。
2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー

年別アーカイブ